あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

タグ:府中シティーオーケストラ

2019224日 府中シティオーケストラ 春まちコンサート2019 

 

府中市文化センター大ホール

 

スッペ                 :喜歌劇「美しきガラテラ」序曲

ブラームス          :ハイドンの主題による変奏曲

ドリーブ              :バレエ音楽「シルヴィア」組曲

ブラームス          :交響曲第3

  -アンコールー  ブラームス: ハンガリー舞曲第6番

 

          : 槙本 啓志

 

拙ブログは、音楽コマーシャルの中でドマイナーなクラシック音楽の、しかも文化発信の中心である首都東京をメインとするわけでもなく、さらには一介の勤め人である私が実際に聞いた演奏会を記録としてブログにアップする(つまり、聴きにいかない限り更新されない)という、マイナー要素を3乗したようなもの。どうにか毎日30人ほど、多くても50人ほどの方々のブログアクセスをただいているのですが、なんと3週間前に慶事のごとくの出来事があった。アマチュア・オーケストラの関西シティーフィルハーモニー管弦楽団の定期公演の記事について、ブログアップ24時間でなんと100人以上の方々からアクセスをいただいた。超マイナーな拙ブログにとっては奇跡のような出来事だった。

 

超マイナーという括りでいえば、今日の演奏会日誌で記すのは、数百万人の関西経済圏のアマチュアオケである関西シティーフィルに対して、人口10万人に満たない広島県府中市の市民オーケストラ、府中シティーオーケストラの演奏会(なぜか定期と冠せず“春まちコンサート”)です。府中市と府中シティーオーケストラについては、過去の同団体の演奏会日誌に詳しく記しているので、皆さん “タグ:府中シティーオーケストラ” にて過去記事を是非ご一読のほど、お願い致します。

 

そもそもアマチュアオケなので、関西シティーフィルや首都圏の市民オケ・大学オケとは比較する必要もないし、意味もない。今年のコンサートは、一昨年の“ローマの祭り・ローマの松”のような果敢な挑戦はなかったけど、とにかくステージにのった全員が一所懸命なのが、聴いていて犇々と伝わってくる。特にブラームスの音楽にはヴィオラとチェロパートの厚みが欲しいし、指揮の槙本さんとしてはもう少し表現の個性を求めたいところだったろうけど、“音楽的性格付けをぐっと抑えてでも演奏の完成を目指したい” そんな意思がはっきりと伝わってくる演奏だった。ブラームスの変奏曲では、あえて各変奏間で十分な間をとって演奏の安定に徹したところなど、さすがです。(最初の第1変奏後のパウゼで “あっ! 事故った?” と思っちゃった。)

 

この団体を応援するものとしてハッピーな時間を共有させていただきました。これからも府中シティーオーケストラのご活動を陰ながら応援しております。

 

 
府中シティーフィル‗20190224


備後国府について(会場ホールそばの説明パネル)


府中シティー‗20190224

2017319日 ≪アマチュア≫府中シティオーケストラ 春まちコンサート2017 

 

府中市文化センター大ホール

 

R・ワーグナー: 歌劇『ローエングリーン』より“エルザの大聖堂への入場”

O・レスピーギ:交響詩『ローマの祭り』

O・レスピーギ:リュートのための古代舞曲とアリア第3組曲

O・レスピーギ:交響詩『ローマの松』

  -アンコールー  J・シュトラウス:ポルカ『雷鳴と電光』

 

          : 槙本 啓志

 

このブログにお立ち寄りいただき、この日記をお読みいただいている皆様の大部分は“府中シティーオーケストラ”は、東京府中市のアマチュア・オケ?とお思いのことと思います。いえいえ、違うんですねえ。広島県東部のわずか人口4万人ほどの府中市にある市民オケです。広島県府中市と“府中シティーオーケストラ”については、昨年228日の春まちコンサート2016の演奏会日記で詳しく書いたので、是非そちらもご一読を。。。右上のタグクラウド ”府中シティーオーケストラ” をクリックください。

 

さて今年の春まちコンサート2017、大成功でしたね。はっきりいって選曲は無謀とも思えるほど、かなりチャレンジング。最後の“ローマの松”はまだしも“ローマの祭り”は、正直なところこの市民オーケストラの実力をかなり超えた選曲だったはず。“リュートのための古代舞曲とアリア”も第1番、第2番ではなく、あえて弦楽のみの第3番を選択したところに事務局と指揮者の意気込みがひしひしと感じられる。実際“ガンバレ”と心の中で声援しながら聴いていました。

 

とにかく全員、喰らいつくかのような熱演で “ローマの祭り” 第2曲などでは、曲の盛り上がりに連れてヴァイオリンのボーイングが全員バラバラになって、同じプルトでも左右でアップとダウンが入り乱れての “お祭り状態” になりながらも最後まで突っ切った。ホルンも音を当てるのがかなり難しいパッセージを吹き通したし、8人のパーカッション、ピアノ、オルガン、マンドリンまでそろえたフル編成の難曲を全員見事に演奏しきった。すごいぞ、すごい。槙本さん、やりましたね。掛け値なしに感動しました。最後はバンダを客席後方ではなく、あえてステージの左右袖において遠慮なく吹き鳴らさせた“アッピア街道の松”でメデタシメデタシの大団円。ブラボー叫びましたよ。(本当はローマの祭りでブラボーと叫びたかったのだけど、自制してしまった。)

 

これからも皆様のご活躍をかげながら応援しております。

府中シティ_harumachi2017


2016
1106日 備後オペラ団体 “ムジカ・アヴァンティ” ドニゼッティ『愛の妙薬』

 

福山 福山芸術ホール リーデンローズ

1L87番(ピットから2列目)

 

ドニゼッティ: 歌劇『愛の妙薬』

 

指揮: 山上 純司

演出:  豊田 千晶

管弦楽:  府中シティオーケストラ

合唱:  アヴァンティ合唱団

 

アディーナ: 土井 範江

ネモリーノ:    松本 敏雄

ベルコーレ:   山岸 玲音

ドゥルカマーラ: 西田 昭広

ジャンエッタ: 福永 真弓

 

“ブラボー”の一言です。

 

これまで福山市は文化不毛の地と思っていました。芸術・文化に対する意識と熱意が行政から民間まで広く行きわたり根付いている隣県の倉敷市(イオンモール内のMOVIX倉敷でメットライブビューイングを見られる)に対して、同じ瀬戸内工業地域でありながら、大手製鉄所を中心として栄えた福山市には文化の成熟度を全く感じられない、というのが正直なところでした。でも、今日の公演を観て、猛省です。

 

よくぞここまでの舞台を作り上げたものです。恐らく相当に低予算での公演だったのでしょう。舞台装置(いやいや、そもそも装置などないか)は徹底的にお金をかけていない。左右の反響板のデザインをそのままに、ホームセンターで売っているラティスフェンスを左右と舞台奥に並べて、見事にステージを第一幕“村の広場”と第二幕“婚礼の場”にしてしまった。“なるほど、よくぞ考え付きましたねぇ!”と、知恵を絞った演出に唸ってしまいました。

 

アマチュアの合唱は演技も歌もなかなか見事なもの。恐らくステージパフォーマンスをしたことなどないだろうのに、実に“それらしく”演技をしていて、見ていて本当に楽しい舞台になっている。舞台慣れしたように大きな身振りの一部の女性メンバーがいる一方で、多少堅い表情と動作の男性メンバーがいたりで、逆に群集の自然な雰囲気を感じさせた。一人ひとりが考え抜かれたプロフェショナルな演技をする一流歌劇場を見たときの“芸”としての高度な見栄えとは全く違う、群集の“普通さ”が表現できていたのでしょう。

 

府中シティオーケストラの演奏もたいしたもの。開演1時間以上前に会場に行き当日券を買い求めたピットから2列目で聴いたオーケストラの音は、弦も管もピッチが安定していて、音が痩せることなくドニゼッティらしい音楽を楽しく聴かせてくれました。

 

いやあ、とにかく面白かった。合間で拍手したり、2幕のネモリーノのアリアでブラボーかけたりといたしました(普段のコンサートでブラボーかけることなど、まったくない)。やはりイタリアオペラを楽しむには“ノリ”が大事ですからね。

愛の妙薬_20161106

 

2016228日 ≪アマチュア≫ 府中シティオーケストラ 春まちコンサート2016 

 


府中市文化センター大ホール

 


J.S. バッハ:管弦楽組曲第3番より「アリア」

スメタナ:「我が祖国」より「ヴルダヴァ」

ハイドン:トランペット協奏曲

シベリウス:交響曲第2

  -アンコールー  ケテルビー:ペルシャ市場にて

 


          : 槙本 啓志

 


演奏会の備忘録としてこのブログを開始して半年で、初めてのアマチュア演奏会の記録です。このオーケストラの団長と事務局の方に多少の御縁があり、先日の広響福山定期の会場で配布されたチラシを見て今日のコンサートを知り、聴きにでかけました。所要があり、聴けたのは後半のシベリウスからです。

 


まずは府中市とこのオーケストラについて・・・・

世間一般に、府中市といえば東京都府中市ですが、実は広島県東部(備後地方)にも同じ名前の市があります。地名トリビアとしてクイズになることもあるようですが、それぞれ市制申請がほぼ同時で、“国府”が置かれた地という意味を示す“府中”をどちらも譲らず、広島県府中市が1954331日に、そして東京都府中市が1日遅れの同年41日に市制施行されてから、そのまま現在に至っています。

 


府中市(広島県)は人口わずか4万人ほどですが、旧制中学からの歴史をもつ地元進学校は、一般には珍しくクラブ活動としてオーケストラがあり(その代りブラスバンドがない)、そのOBの中には国内の主要オケのメンバーとして何人も活躍されています。 府中シティオーケストラもこの高校学内オケのOBを中心にして1985年に活動を開始した団体で、地道に活動をしていらっしゃいます。ちなみに私は広島県の生まれでも、育ちでなく、当然この地元高校ともまったく無縁なのですが、前述の通り、団長さん方々に多少のご縁がある次第です。

 


さて、今日は前述の通り残念ながら後半のプログラムしか聴くことができませんでしたが、オーケストラのメンバーは全員、なかなかの熱演でした。地元学校で教鞭をとられている槙本さんも無理のない堅実なタクトさばきで演奏をまとめていらっしゃいました。もちろん地方のアマチュアオーケストラ故、楽器演奏のレベルもいろいろで、一部の奏者は早いパッセージのところでは手を止めていたけど、これもアマチュアならではで、とても微笑ましい(先日の大阪交響楽団の演奏を思い出す・・・我ながらシツコイなぁ)。なお読響の樋口誠さん(前述の地元高校OB)がコントラバス・トップについており音楽の土台を強力に支えていました。特に第4楽章練習番号J手前6小節のフルテシモのすごいこと。さすがプロ!

 


これからもこの地方オーケストラのご活躍を陰ながら応援しています。

 
府中シティー


このページのトップヘ