あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2020年08月

2020819日 読売日本交響楽団 ≪三大交響曲≫ 読響サマーフェスティバル 

サントリー・ホール

2RB1列15番 

 

指揮                    : 角田 鋼亮

 

シューベルト    :交響曲第7番『未完成』

ベートーベン   :交響曲第5番『運命』

ドヴォルザーク  :交響曲第9番『新世界より』

 

さてさて、出張にかこつけての東京コンサート・ホール通いもじんわりと再開…です。席は、なんと2RBブロックの最前列。ステージ上の各パートが団子にならず、低域から高域まで濁りのないクリアな音像が目の前いっぱいに広がる。ホール後方からのエコーなどもまったく無く、最強奏でも決してうるさくならない、理想的な音響空間に身を置くことができる。木管も金管も音像がはっきりしており、ベースは眞下から湧き上がるように聴こえてくるし、真正面のVn群は音圧十分。たぶん今回でこのホールのすべてのブロック・エリアを経験したことになるはず。席位置で大きくそのサウンドが異なるのは、聞こえ良く言えばホールの個性、でも同じSカテゴリーの場所によって響きの質が大きく変わってしまうのは、いただけない。ヴィンヤード形式の宿命とはいえ、基本的には好きなホールとは言い難い(首都東京のクラシック音楽愛好家の皆さんには申し訳ないけどね)

 

角田鋼亮の指揮は2年前の大阪フィル定期デビューでマーラー“巨人”を聴いて以来かな。指揮ぶりは、とにかく型に忠実で真面目そのもの。特段に思い入れや、ここだけは譲れない、といったところもなく、オーケストラに立派に演奏してもらった…なんて書いたら失礼すぎるだろうか。木管も金管も(特にトランペット)、そしてティンパニも抑制することなく奏者の裁量で好きなように鳴らしている、そんな感じがしてならなかったのだけど。

 

20200819_読響_サマーフェス

202087日 日本センチュリー交響楽団 ハイドンマラソン第20 

ザ・シンフォニーホール

F22番  定期会員席からの振り替え

 

指揮                    : 飯森 範親

ファゴット             : 安井 悠陽

 

ハイドン               :交響曲第33番 ハ長調

ジョリヴェ              :ファゴット協奏曲

ハイドン               :交響曲第36番 変ホ長調

ハイドン               :交響曲第48番 ハ長調『マリア・テレージア』

 

前回6月の第19回演奏会を見送ったので、今回が会場をザ・シンフォニーホールに移しての初めてのハイドンマラソン。コロナ禍が収まりをみせないなか、こうして週一度のペースでオーケストラの生演奏を聴けることはとてもありがたいこと。

 

う~ん、でも正直なところちょっと…ガッカリかな。4年間、いずみホールで磨き上げてきたはずの演奏バランスが、この日はなぜか聴けなかった。洒脱なハイドンの音楽を全身で発散させるかのような一貫したアプローチが、1st Vnに限って、まったく感じられない。席は平土間前方のほぼ中央で、この編成での演奏を聴くにはベストな場所のはずなのに。どうにも座りが悪いというか、ハイドンの音楽をいままでのように楽しめない。昨年までの、いずみホールでのハイドンはもう聴けないのだろうか。このまま、あと2回続くようだと、来期の定期会員継続、考えちゃうなぁ。

 

ジョリヴェのファゴット協奏曲は面白い曲ではあったけど、同時に独奏楽器としての限界を感じずにはいられなかった、不遜にも ‟素材や構成はよくできているのだから、もし独奏楽器をチェロに変えたら、ダイナミズムと音色の変化が加わって、より聴き映えのする作品になるんじゃないの" などと思いながら聴いておりました。

 

 20200809_日本センチュリー_ハイドンマラソン!

2020722日 大阪フィルハーモニー第540回定期演奏会 1日目

 

フェスティバルホール

定期会員席 振替席

 

指揮            : 飯守 泰次郎

 

モーツァルト    : 交響曲第35番 K385 『ハフナー』

ブルックナー    : 交響曲第6番 

 

さすがに演奏会から一カ月近く、しかもお盆休みを兼ねた夏季休暇を挟んでしまうと、演奏の印象もかなり薄らいでしまった。演奏を聴いていた時には、いろいろと思ったことがあったはずだけど、もうほとんど忘れちゃった。

 

演奏者の距離をたっぷり確保しながら16型の弦セクションが余裕で乗ってしまうなんて、フェスティバルホールって、ほんとデカい。ブラスセクションの左右なんか、まだまだスペース十分。これならマーラーの巨大編成でも問題なしだろう。今後もし自粛期間が長引いても、大阪フィル定期だけは今まで通りのフルオーケストラサウンドを楽しませてくれること、嬉しい限りです。

このページのトップヘ