あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2018年11月

20181128日 大阪フィルハーモニー第523回定期演奏会 2日目

 

フェスティバルホール

26

 

指揮            : 小泉 和裕

 

モーツァルト            : 歌劇『魔笛』序曲

ヒンデミット            : 交響曲『画家マティス』

シューマン              : 交響曲第2番 ハ長調

 

指揮台上のパフォーマンスも含め、溜めたり煽ったりといった外面的な華々しさで面白く聴かせる指揮者が人気を得がちなのに対して、小泉和裕の指揮姿はとにかく地味。『東海林太郎のような・・・』との終演後にホワイエで耳にした形容も、失礼ながらも思わず “言いえて妙” と苦笑してしまった。たしかに見た目は祝祭的な作品には向かないし、直立不動の指揮姿から引き出される音楽も抑制的で地味に感じてしまいかねない。でも『画家マティス』を過度な圧迫感を避けて雑な音楽に陥ることなく整然とまとめたのも、シューマンの交響曲をフレーズ単位で各セクションの音量バランスをコントロールすることで、音の団子状態に陥ることなく全曲を通したのも、まちがいなく小泉和裕の実力によるものだと思う。交響曲第2番の終楽章フィナーレに至ってもトロンボーンに強奏を求めなかったところなどは、まさに小泉和裕美学の象徴ではないか。演奏後のオケメンバーから指揮者への賛辞も、儀礼的なパフォーマンスではなく、小泉和裕を心から讃えていたようだった。

 

序曲を次曲ヒンデミットと同じ弦16型であえて演奏したのも、交響曲『画家マティス』に向けた合奏イメージを継続させたかったから? まさかね。初日よりも強奏箇所での濁りは薄れたものの、歌劇『魔笛』序曲は半分の編成で良い。

 
大阪フィル_523回定期

っy20181127日 大阪フィルハーモニー第523回定期演奏会 1日目

 

フェスティバルホール

定期会員席

 

指揮            : 小泉 和裕

 

モーツァルト            : 歌劇『魔笛』序曲

ヒンデミット            : 交響曲『画家マティス』

シューマン              : 交響曲第2番 ハ長調

 

一見、奇抜に思える『画家マティス』とシューマンの2番の取り合わせ。実際に休憩を挟んで両曲を聴くと、弦楽合奏が折り重なっていくところだったり、ブラスのコラールだったりと、意外なことにその響きの先に共通性を感じさせられる。なにより、どちらの曲もセクションバランスが完璧にコントロールできるかで演奏の成否が決まる、指揮者の手腕が試されるとても厄介な作品ではないだろうか。

 

これまで小泉和裕といえば、たとえば9月に豊中で聴いた日本センチュリーとのブラームス第4交響曲のように、少々ぶっきら棒で面白みに欠ける演奏ばかりを聴いてきた…というイメージの刷り込みがある。でも、今日でそんな認識を改めます。どんなマジックで『画家マティス』を、そしてシューマンの2番をこうも魅力的に聴かせてくれたのか、是非知りたい・・・指揮者小泉和裕の音楽をもっと聴いてみたい、ということで今日(第2日目)も都合をつけて聴きに行くことにしました。

 

そうそう、躊躇していた日本センチュリーのシンフォニー定期会員継続を、申し込み葉書を本日投函しました。小泉和裕が242回定期(20201月)でシューマンの第1番を振ることが最後に私の背中を押しましたね。

 
大阪フィル_523回定期


20181122日 関西フィルハーモニー管弦楽団 第297回定期演奏会

 

大阪ザ・シンフォニーホール

3LLF8

 

フォーレ             : 組曲『ドリー』 作品56

フランク             : 交響的変奏曲(ピアノとオーケストラのための)

    ――アンコール    ドビュッシー: 亜麻色の髪の乙女

                                                  ドビュッシー: 12の練習曲より第6

サン=サーンス              : 交響曲第3番 “オルガン付き”

 

指揮   : オーギュスタン・デュメイ

ピアノ : 児玉 桃

 

フランクの交響的変奏曲がソロ・ピアノをフィーチャーした作品ということで、前回296回定期とおなじく3階バルコニー席を選択。後になって思うと最廉価のオルガン席に座って、パイプオルガンの音をダイレクトに浴びたほうが面白かったかも。それにしても関西フィルの演奏する音楽を聴いて、ときに厄介な現代曲に挑戦し、その熱演に拍手喝采を送ったことは幾度もあるものの、耳に聞こえる演奏に心震わさせるような感興を覚えたり、背筋がぞくぞくするような興奮を覚えたりといった経験が一度も無いのは何故なんだろう。

 

ところで、今回のコンサート副題 “梢を揺らす銀色の風・・・フレンチ・アンソロジー” って、フランクの交響的変奏曲や、オルガン・シンフォニーの作品イメージとはいささか外れてません?そもそも副題って、コンサートに足を運ぶ人にとって意味あるものなのかな?. 壮絶なる第九” とか “純粋な音楽美を極限まで追求・・・◯◯が鋭く切り込む《第九》” と副タイトルをつけて、 “壮絶な第九” がピリオド奏法による演奏だったり、 “純粋な音楽美を極限まで追求” のはずが、実際は爆演だったりしたら、やっぱいかんでしょ。…などと言っておきながら、来年10月の第305回定期 “轟音警鐘・・・阿鼻叫喚の音楽絵巻、壮絶無比の野心作、ハチャトゥリアンの《鐘》” 楽しみにしてますよ。座布団3枚!素晴らしい副題だぁ。

 

 
関西フィル_定期第297回_20181122





2018
1115日 日本センチュリー交響楽団 第230回定期

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1階定期会員席

 

指揮          飯森 範親

 

リムスキー=コルサコフ :交響組曲『シェエラザード』作品35

 

どうしても仕事のきりがつかず、後半のシェエラザードのみを聴く。飯森範親はシェエラザードのような見栄え・聴き栄えのする作品こそ面目躍如……といった演奏の印象を記していくつもりでいたものの、2日後の週末にIMAXシアターで観た、映画“ボヘミアン・ラプソディー”が強烈過ぎた。完全に記憶が上書きされてしまい、シェエラザードの演奏が思い出せない。映画鑑賞記事はブログにしないことにしたものの、実のところ広義の音楽映画であるこの作品の感想をあれこれ書き留めておきたくてしょうがない。もはや伝説と化した1985LIVE AIDの実写映像(YOUTUBEで観れる)と映画用に撮影された映像との奇跡のシンクロなど、まったくどうやって編集したのだろう…、おっと映画“ボヘミアン・ラプソディー”の話はここまで。

 

週末、自宅に戻ると日本センチュリー事務局から来期定期会員の継続更新の案内が郵送されていた。なんとも定期演目を眺めて落胆の限り。どうしてこうなってしまったの? 中型高機能オーケストラとして、その存在意義を示した素晴らしいプログラムがちりばめられた2017年度、そして2018年度から一転、一見して “ありゃ、大阪フィルの定期ラインナップ?” と皮肉にも思ってしまった。これじゃ “大阪プロオケ4つも不要論” に一票投じたくなるなぁ。すでに一週間経過した今でも(1123日)、定期会員継続するか、悩み中です。継続申込期限は125日なので、もう数日考えてから継続するかどうか決めよっかなぁ。

 

日本センチュリ_第230回定期_20181115






20181030日 ザ・シンフォニーホール・ビッグバンド Vol.12

 

大阪ザ・シンフォニーホール

2階EE

 

Music Director       :菊池 寿人

Special Gust         :本田 雅人

 

プログラム

Mean what you say

ミュージカル『My Fair Lady』から“君住む街”

ショパン ノクターン第2

酒とバラの日々

交響詩『わが祖国』より“モルダウ”

 ~休憩~

Theme for B.B.S.

星に願いを

Condolence

Fair Affection

宝島

Megalith

――アンコール

Livertango On Fire ピアソラ作

Sing Sing Sing

 

ザ・シンフォニーホール座付きのビッグバンド・コンサートも、近頃は年4回のハイペース。後半にフィーチャーするゲストプレーヤーによって、コンサートの色合いが毎回異なるのが楽しい。そんな中、シリーズ初ゲストとなった本田雅人を迎えたこの日は、とにかくホットでピカイチのジャズ。アンコール2曲目でのSax3本によるバトルなど聴き応え満載。菊池寿人もいつも以上にハイトーンでリキいってた(最高!)。

 

加えてクラオタ的には “う~ん、挑戦的・実践的にしても、別にそこにこだわらなくても…いいんじゃないの?” などと思わないでもないクラシック編曲物についても、この日はそんな邪念などまったく無しの“お見事”なるアレンジ。そして後半の本田雅人を向かえてからの真剣勝負の連続。この日は前半からアンコールまで、どの曲も熱かった。

 

 
ザ・シンフォニーホールビックバンド_Vol12_20181030

20181026日 大阪フィルハーモニー第522回定期演奏会 2日目

 

フェスティバルホール

2階中央ブロック第1

 

指揮            : パスカル・ロフェ

ソプラノ        : 市原 愛

バリトン        : 荻原 潤

合唱            : 大阪フィルハーモニー合唱団

 

フォーレ                : レクイエム 作品48 1893年ラター版

ストラヴィンスキー      : バレエ音楽『火の鳥』 1910年原典版

 

この週末(113-4日)は、自宅にあるフォーレ“レクイエム”の複数のCD音源を片っ端から聴きまくり。どうもこの数年、大阪で生演奏を聴いた後の週末に改めて同じ曲をCD音源で聴きなおすことが多くなった。よくコンサートの“予習”としてCD音源を聴くという話は耳にするものの、私としては演奏会場で耳に聞こえる音楽をナチュラルな感性で捉えたいこともあり“予習”はしない主義。一方でこうした“復習”は、演奏の感興を改めて思い出したりもでき、なかなか性にあっている。

 

再認識したのは、まずは“ミッシェル・コルボ、ベルン響の72年録音(ERATO盤)”がLP時代から不動のマイ・ベストであること、そして今回ラター版(弦楽はVla8+Vc8+Cb6で、Vlaは常時、またVcは時に2部に)による大阪フィルの演奏が、そのコルボ盤の演奏を思い出させるような、この曲の魅力(とても一言では形容できない)をかなり表出できた演奏だったこと。細部まで覚えていないけど、たとえば“楽園にて”のオルガンの音量を極力小さくする、といったような、コントラストを強くは求めない指揮者の作品に対する意思が徹底された演奏だった。欲を言えば、女性パートのさらなる純度を求めたいし、第5曲途中での転調を導くソプラノのC音を引き伸ばすところがさらにニュアンスに富んでいたら(この箇所に限って言えばジュリーニ・フィルハーモニーがなかなか良い)、などなど、この曲が大好き故の欲もないでなないけど。もし日本センチュリーの定期と重ならなければ、初日と続けて是非聴きたい演奏だったのは間違いなし。

 

後半のストラヴィンスキーもめったに聴くことのない1910年原典版の演奏。CDを持っていても、まずプレーヤーに乗っけることもないままでいたので、もしかしたら今回、始めて聴いたのかもしれない。ちょっとサクサク進めすぎかなぁ。いつものごとくホルン首席の実力が光る。

 

大阪フィル_522回定期


20181025日 日本センチュリー交響楽団 第229回定期

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1階定期会員席

 

指揮          キンボー・イシイ

ヴァイオリン    荒井 英治

 

J.S.バッハ      :『音楽の捧げもの』より“6声のリチェルカーレ” ウェーベルン編

R.シュトラウス  : 楽劇『ばらの騎士』作品59より“ワルツ”

コルンゴルド    : ヴァイオリン協奏曲 二長調 作品35

    ―アンコール コルンゴルド:バレエパントマイム『雪だるま』よりセレナーデ(荒井栄治編)

モーツァルト    : 交響曲第41番 ハ長調“ジュピター”

 

大阪フィル定期を明日2日目に振り替えて、ザ・シンフォニーホールへ。日本センチュリーの今期ラインナップで図抜けて魅力的なプログラムを聞き逃す訳にはいかない。

 

クラシック音楽の一時代としての“世紀末ウィーンの音楽”を聴くときに感じる、付き纏うように漂う獏とした感覚をどのように文字で表現すればよいのか、貧弱な語彙と薄識では到底表現できない。それでも連続して演奏された三曲には、間違いなく共通したある種独特な響きとともに漂う香りを感じる。まさにプログラミングの妙であり、指揮者とオーケストラの演奏の巧みさなのだろうと思う。ただし、正直な感想を述べれば、R・シュトラウスは16型規模の大編成でそのサウンドに浸りたいし、コンチェルトのソロを担った首席客演コンサートマスターの荒井英治の、どちらかというと音圧で圧倒するような力技や外面的華麗さを抑えた(いつもながらの)演奏は、自席(1階平土間中央やや上手)では、少々物足りなさを感じないでもない。

 

休憩を挟んでのモーツァルトの仕上がりの素晴らしいこと。オープニング曲のウェーベルン編曲のリチェルカーレといい、このジュピター交響曲といい日本センチュリーは本当に良い演奏を聞かせてくれる。指揮者キンボー・イシイの技量の高さにも感嘆させられたし、ほんとうに聞く価値のある定期だった。毎度のこと、席が半分程度しか埋まらないのは、本当に寂しい限り。

 

《閑話休題》

前橋汀子氏の日本経済新聞 “私の履歴書” 全30回の連載が1031日についに終わった。演奏会日記なので読後の感想はここでは差し控えるとして、とにかく読み応えのある内容で、毎朝、数週間にわたり通勤電車の中でスマホ電子版を立ち上げると、一気に左スワイプして最終面を開くのが日課になっていた。その最終回(第30話 “今この瞬間 全力尽くす バッハ無伴奏探求続く” )で、来年夏以降に東京、横浜とともに大阪でも無伴奏ソナタとパルティータ全曲演奏会を行うことが述べられている。

 

==QUOTE==

この公演をバッハの集大成にしたいと思う。

これまで私はシゲティをはじめ国内外の多くの巨匠たちから教えを受けてきた。彼らから学んだこと、さらに自分の様々な体験を通して私なりの演奏スタイルを作り上げてきた。だから何らかの形でそれを若い人たちに伝える機会を持てたらいい。そんな思いが強くなっている。

==UNPUOTE==

 

その演奏会が仕事などに邪魔されない平日であることを願います。

 

日本センチュリ_第229回定期_20181025

このページのトップヘ