あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2018年04月

2018429  ウィーン国立歌劇場 アンドレア・シェニエ

 

ウィーン国立歌劇場

平土間3列目12

RPARKETT LINKS REIHI3、 PLATZ 12

 

ジョルダーニョ : 歌劇『アンドレア・シェニエ』

 

アンドレア・シェニエ : ヨナス・カウフマン

カルロ・ジェラール   : ロベルト・フロンターリ

マッダレーナ         : アンニャ・ハルテロス

 

指揮          :マルコ・アルミニアート

演出          :オットー・シェンク

オーケストラ  :ウィーン国立歌劇場オーケストラ

合唱          :ウィーン国立歌劇場合唱団

 

席は平土間の前から3列目、しかも中央から僅かに下手によっただけ。ヨナス・カウフマンがタイトル・ロールを歌うとあってほとんど入手を諦めていたにもかかわらず、代理店がキャンセルチケットを定価で確保してくれた。

 

この位置できくウィーン国立歌劇場オーケストラの演奏に完酔。分厚くオーケストラ全体を下支えする低弦、一糸みだれぬ滑らかな高弦、ピット左右の管楽器群と一体になった完璧な音響バランス。目の前から聞こえてくるコンサートマスターのソロ・ヴァイオリンの音色、下手から聞こえてくる2本のハープと豊かで太いウィンナホルン、そして指揮者の息づかい。いままでに一度も体験したことのない、奇跡的なほどの臨場感に満ち溢れていた。

 

期待のアンドレア・シェニエ役のカウフマンにも増して圧巻だったのが、マッダレーナ役のアンニャ・ハルテロス。抜群に歌が上手い上に、容姿が美しくカウフマンの相手役として申し分ない。幕切れのアンドレア・シェニエとマッダレーナの圧巻の二重唱は、徐々に盛り上がるオーケストラの音と相まって感動的な時間だった。心が震えてしまった。

 

さて今日はほぼ同じ席位置で、大好きなオペラ『セビリアの理髪師』を鑑賞。あれやこれや書き残しておきたいこともあるけど、やっとのことでたどり着いたウィーン。開演までの半日、街歩きをしてくることにしよう。

 
ウィーン国立歌劇場_アンドレアシェニエ_20180429

ウィーン国立歌劇場_アンドレアシェニエ_1_20180429

2018422  ローム・ミュージックフェスティバル2018 オーケストラ・コンサート Ⅱ 

天才と英雄の肖像

 

ローム・シアター京都 サウスホール

1719

 

21日、22日開催のローム・フェスティバルの有料全6公演のチケットを押さえていたものの、月曜日からのスイス出張の準備に忙殺されて、どうしても聞き逃せないザ・スピリッツ・オブ・ブラスと京響2公演に限定。日記を書く時間も取れぬまま、ついにウィーンのホテルに到着してしまった。今夜から、カウフマンのアンドレア・シエニエ、セビリアの理髪師、アイーダとイタリア・オペラ三昧(文字通りだなぁ)。ということで、せっかくのウィーンなので、簡単に備忘メモとし、アップします。

 

モーツアルト               : ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466

       ――アンコール          ショパン: ノクターン 第20番『遺作』

R・シュトラウス     : 交響詩『英雄の生涯』

 

指揮          : 下野 竜也

ピアノ        : 小林 愛美

オーケストラ  ; 京都市交響楽団

 

これまで下野竜也の指揮による演奏会は、変化球に飛んだ作品をプログラムする一方で曲目の主軸はベートーベン、ドボルザーク、ブルックナーであり、様式美を常に堅持させた演奏スタイルの指揮者との印象を持っている。“英雄の生涯”の演奏を聴く限りでは、どうやらリヒャルト・シュトラウスはあまり得意としていないよう。どの箇所でも特にもったいぶったところなどなく、耽美さ・妖艶さといった世紀末の香りなどはほとんど消し去ってしまっている。 

 

ホルンに大阪フィルと日本センチュリーから奏者がエキストラ参加していた。前日、フェスティバルホールで、4オケ合同の演奏会の翌日、当日リハだけで演奏会に加わった、とうことなのだろう。前日の14列目と違い7列目は音圧も十分で、またピアノソロも近く、大変楽しめた。

ロームミュージックフェスティバル_オーケストラ_20180422

2018421  ローム・ミュージックフェスティバル2018 オーケストラ・コンサート Ⅰ 

『日本』と『ジャポニズム』 ~我が故郷の調べ~

 

ローム・シアター京都 サウスホール

11434

 

21日、22日開催のローム・フェスティバルの有料全6公演のチケットを押さえていたものの、月曜日からのスイス出張の準備に忙殺されて、どうしても聞き逃せないザ・スピリッツ・オブ・ブラスと京響2公演に限定。日記を書く時間も取れぬまま、ついにウィーンのホテルに到着してしまった。今夜から、カウフマンのアンドレア・シエニエ、セビリアの理髪師、アイーダとイタリア・オペラ三昧(文字通りだなぁ)。ということで、せっかくのウィーンなので、簡単に備忘メモとし、アップします。

 

外山 雄三    : 管弦楽のためのラプソディー

武満 徹      : 3つの映画音楽

                     訓練と休憩の音楽 ~『ホゼー・トレス』より

                     葬送の音楽 ~『黒い雨』より

                     ワルツ ~『他人の顔』より

酒井 健治   : 日本民謡によるパラフレーズ ~オーケストラのための

G・プッチーニ       : 歌劇『蝶々婦人』(スペシャル・ハイライト版)

 

指揮          : 下野 竜也

ナビゲーター  : 朝岡聡  

オーケストラ  ; 京都市交響楽団

 

蝶々婦人      : 木下 美穂子

坂本 朱      : スズキ

宮里 直樹    : ピンカートン

大山 大輔    : シャープレス

 

後半の蝶々夫人で、ステージ後方でのスクリーン投影による演出はシンプルながら効果的。やはりこのオペラ、着物姿での所作は日本人歌手が一番しっくりいく。

 
ロームミュージックフェスティバル_オーケストラ_20180421

2018421  ローム・ミュージックフェスティバル2018 

リレーコンサートB ザ・スピリッツ・オブ・ブラス

 

ローム・シアター京都 サウスホール

1220

 

21日、22日開催のローム・フェスティバルの有料全6公演のチケットを押さえていたものの、月曜日からのスイス出張の準備に忙殺されて、どうしても聞き逃せないザ・スピリッツ・オブ・ブラスと京響2公演に限定。日記を書く時間も取れぬまま、ついにウィーンのホテルに到着してしまった。今夜から、カウフマンのアンドレア・シエニエ、セビリアの理髪師、アイーダとイタリア・オペラ三昧(文字通りだなぁ)。ということで、せっかくのウィーンなので、簡単に備忘メモとし、アップします。

 

J.S. バッハ   : 小フーガ ト単調 BMV578

H.パーセル    : トランペットチェーン&エア

H.L. クラーク : トランペット・トロンボーンと金管アンサンブルのための『カンズ』

C.ドビュッシー       : 月の光

ハチャトゥリアン: バレエ音楽『ガイーヌ』より“剣の舞”

G.ロッシーニ : 歌劇『ウィリアムテル』序曲

J.ガーデ    : ジェラシー

アイルランド民謡: ロンドンデリーの歌

G.リチャーズ       : 『高貴なる葡萄酒を讃えて』より ホック

カーマイケル  : スターダスト

H.マンシーニ       : 酒とバラの日々

ガーシュウイン : ラプソディー・イン・ブルー

 

  アンコール      B.グレイ : サンダーバードのテーマ

 

この演奏会だけは、意地でも聞き逃すわけにはいかなかった。N響首席の菊本和昭氏をリーダーにトランペット5名、トロンボーン5名、チューバ1名、ホルン1名(読響の日橋達朗)、パーカッション(N響の黒田英美)と、国内主要オケの奏者を中心に集まったドリームメンバーによる演奏。 期待以上のすばらしい演奏の連続だった。月曜日からの出張準備にまったく目処が立たないなか、わざわざ京都に出かけて、本当に良かった。

 
ロームミュージックフェスティバル_ブラス_20180421

2018418日 ザ・シンフォニーホール・チェンバー・オーケストラ Vol.4

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1R35

 

モーツアルト  : ディベルティメント 変ロ長調K137

ヴィヴァルディ       : 2本のフルートと弦楽合奏とチェンバロのための協奏曲 ハ長調

ヴィヴァルディ       : 2本のオーボエと弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲 ニ短調

アレンスキー  : チャイコフスキーの主題による変奏曲 Po35a

ヴィヴァルディ : 4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 Op3-10

ホルスト      : セントポール組曲 OP29-2

 

  アンコール      ジャック・カステード:『笛吹きの休日』

                     エンリオ・モリコーネ『ニュー・シネマ・パラダイス』

 

最終曲セントポール組曲は、在阪オーケストラのコアメンバー(といっても大阪フィルからは、なぜか参加していない)らいしく、鮮やかな演奏。一方でヴィヴァルディの演奏はどの曲も凡庸でつまらない。特にフルートで演奏された4つのヴァイオリンのための協奏曲など、フルートの楽器特性からいっても、イル・ジャルディーノ・アルモニコやビオンディの演奏を聴いたときのような奏者の自発性と精気に満ち溢れた音楽とは無縁になってしまう。

 

それでも、京都在住の奏者によるチェンバロがバロック音楽の骨格を堅持していた。そのみごとな演奏を聴いて、またも“もう二度とお金を払って聴きにいくことなどしない”と心に決めた某在阪オケの不愉快極まり無い思い出が蘇ってしまった。本当にトラウマになってしまっている。

 

ホールの響きとしてはまったく遜色の無いB席なら2,000円なのに、同じ座付きの弦楽4重奏、弦楽5重奏よりもすくないせいぜい300人程度の入りか。

 
シンフォニーホール_チェンバー_20180418

2018413日 読売日本交響楽団 第611回名曲シリーズ サントリーホール 

 

サントリーホール

1323

 

チャイコフスキー: バレエ音楽『くるみ割り人形』より

                “行進曲”、“こんぺい糖の踊り”、“トレパック”、“花のワルツ”

モーツアルト    : クラリネット協奏曲 イ長調 K622

トビュッシー    : クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲

ストラビンスキー: 春の祭典

 

 指 揮          シルヴァン・カンブルラン

クラリネット       :ポール・メイエ

 

演奏会日記のアップをかなりサボっていました。320日のペンタトニカ“5つの物語”から413日の読響名曲コンサートまで、4つの演奏会をまとめてアップします。

 

東京出張の機会を利用してのコンサートは、先月と同じサントリーホールでの読響名曲シリーズ。年初には今回の東京出張が確定していたこともあり、2ヶ月ほど前に購入していた席はステージ正面3列目。読響のふくよかな弦、そして完璧にコントロールされた弱音と音色を変幻自在に操るポール・メイエのクラリネットによるモーツアルトの傑作コンチェルトを堪能した。

 

一方で、春の祭典を聴くにはちょっとステージに近すぎかな。オーケストラの音がステージ上の空間で上手く調和して鳴っているので、さほど直接音をストレートに浴びるわけでもなし、オーチャード・ホールなどのように頭上を越えて後方に逃げてしまうわけではない。まして、ほぼホール中央で、左右バランスを欠いているわけでもない。普段、埋もれてしまうヴァイオリンとヴィオラの動きをじっと見ているだけで十分面白いけど、それでも、やはりこういった巨大編成を聴くときは、可能な限りホール中央から少し後方が良いに決まっている。

 
読響_名曲_20180413

201845日 日本センチュリー交響楽団 第224定期

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1階定期会員席

 

ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲

ライネッケ: フルート協奏曲 ニ長調 OP283

  ――アンコール  ドビュッシー: シリンクス

カリンニコフ: 交響曲第1

 

指揮                飯森 範親

フルート              ワルター・アウアー

 

演奏会日記のアップをかなりサボっていました。320日のペンタトニカ“5つの物語”から413日の読響名曲コンサートまで、4つの演奏会をまとめてアップします。

 

幸いなことに継続定期会員として、今シーズンも昨年度までと同じ平土間中央やや上手の、このホールお気に入りの座席番号が割り振られた。それにしても肝心の入りが7割程度であるのは、寂しい限り。

 

日本センチュリーの音の重心がいつも以上に“軽い”。決してそれは良い、悪いの類ではないけれど、すくなくともウェーバーの序曲にはしっくりこない。冒頭の響きからして、厚みが乏しく、終盤にかけてエネルギーの爆発する箇所など不完全燃焼。このオケにはドイツものは向かないかな。

 

カリンニコフ第1交響曲を耳にしたのは本当に久しぶり。この曲はNAXOSが廉価盤マーケットを席巻し始めた1990年代後半に、クチャル指揮ウクライナ国立響による第2番とのカップリングCDが数ヶ月間連続でクラシックジャンルのベストセラーだったのを思い出す。当時この曲を気に入っていて、同じくベストセラーのヤルヴィ盤やら、希少盤だったスヴェトラーノフ・ソヴィエト国立響やらを買い集めたもの。あらから20年あまり経過した今となっては、アマチュアオケでもよく演奏させるし、たしか数年前にはヤルヴィがN響との定期で取り上げていたはず。それにしても哀愁を帯びた冒頭主題は日本人好みの好旋律。でもねぇ、シーズン開始のメイン作品としてはちょっと軽すぎません?

 

メイン曲のそうした“軽さ”、そして演奏が終わったのがまだ850分ということもあいまって、なんとなくアンコールがありそうな予感を感じながら、夜の会食に途中合流のため指揮者最初の退場とともに、ホールを後にした。どうやら、やはりアンコールがあったらしい。

 

201843日 トヨタ・マスター・プレーヤーズ・ウィーン・プレミアム・コンサート

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1L14

 

トヨタ・マスター・プレーヤーズ、ウィーン

ヴァイオリン    : フォルクハルト・シュトイデ

 

モーツアルト    :セレナーデ『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』ト長調 K525

モーツァルト    :ヴァイオリン協奏曲第3K216

ベートーベン    :交響曲第7OP92

  ――アンコール    ヨーゼフ・シュトラウス: ポルカ・シェネル『憂いもなく』

                        ヨハン・シュトラウスⅡ: トリッチ・トラッチ・ポルカ

 

演奏会日記のアップをかなりサボっていました。320日のペンタトニカ“5つの物語”から413日の読響名曲コンサートまで、4つの演奏会をまとめてアップします。

 

木管のみで始まるベートーベンの第2楽章冒頭など、どうやってアインザッツを送るのかコンマスのフォルクハルト・シュトイデを凝視していると、いつのまにか一瞬のオーボエの主導で演奏が始まった。その管楽器による序奏部での抑制された音量とバランスの完璧なこと。

 

あれこれと演奏を振り返ると、昨年のシンフォニーホール公演(2017415日)についてのブログ記事そのままであることに…ということで、以下に昨年4月のシンフォニーホールでの公演のブログをコピペして、本稿はおしまい。

 

とにかくあきれるほどに上手い。5+4+3+3+2の弦でどうしてあんなにもダイナミズムに満ちた表現ができるのだろう。 ==略== 毎年のこの団体の大阪公演で感心するのは管楽器奏者の絶妙な音量バランス。欧州のトップクラスの管楽器はけっして飛び出さない。終始、完璧な音程と芯のしっかりした音で12名の弦と見事にハーモニーしている。

 
トヨタマスターズプレーヤー_20180403

2018330日 ペンタトニカ“5つの物語” エルおおさか

 

エルおおさか地下一階 プチエル

 

カスプーチン: ピアノ5重奏曲 OP86

ドヴォルザーク: ピアノ5重奏曲第2番 イ長調

――アンコール  コルンゴルド: ピアノ5重奏曲 第1 楽章

 

1s tVn     後藤 龍伸           日本センチュリーコンサートマスター

2nd Vn    宮田 英恵        大阪フィル 2nd Vn トップ奏者

V            永松 裕子           日本センチュリー

Vc          石田 聖子           大阪フィル

Pf           藤井 快哉

 

演奏会日記のアップをかなりサボっていました。320日のペンタトニカ“5つの物語”から413日の読響名曲コンサートまで、4つの演奏会をまとめてアップします。

 

現在、定期会員になっている在阪2オーケストラのコンマス・トップクラス奏者による室内楽演奏会が、サロン・コンサート形式で頻繁に行われている。時間が許す限りでかけて行きたいところだけど、残念ながらこの数年なかなか機会に恵まれず、振り返ってみればちょうどこのブログを開始した20159月のアンサンブル・リベルタ以来。今回のペンタトニカ“5つの物語”なるピアノ5重奏は、この日の第3回が始めての演奏会。

 

演奏場所は、大阪府所有の公共施設らしい。会場の“プチエル”が分からずに戸惑っていると、公共施設のイメージどおりのポスターやら張り紙がやたらと目に留まる。とてもじゃないけど、週末の夕べにクラシック音楽を楽しむような気になど到底なれない。 やっとで見つけた“プチエル”は地下駐車場横の暗い、排気ガスの臭いが少々気になる密室のような場所。ピアノ常設の室内楽向きの場所など、なかなか無いだろうことは想像つくけど、それなりの入場料を取ってプロフェショナルに室内楽を聴かせる場所ではない。勤務先から北浜東まではアクセスも悪いし、次回この場所での演奏会は敬遠することになりそう。

 

さて演奏はというと、上記のようなちょっとがっかりモードで聴き始めたこともありカスプーチンは、あまり曲に入り込めないままだった、というのが正直なところ。ドヴォルザークは、ルイサダ・ターリヒSQのショパンのピアノ協奏曲第1番のピアノ5重奏版とのカップリングCDが愛聴盤で、どうしてもその演奏をベンチマークに聴き比べをしてしまう。少々厳しめに言えば、メンバー個々の自発的な音楽性に乏しく、躍動的な曲想の後半2楽章はそれなりに楽しめたものの、歌謡性に富んだ旋律と音楽の抑揚に満ちた前半2楽章でアンサンブルの深みに物足りなさを感じた。

 

メンバー間の音楽性のぶつかり合いや融合があまり感じられない、ということでは前半のカスプーチンもアンコールで演奏されたコルンゴルドも同様だったかもしれない。特に初聴きのカスプーチンなど、演奏が違えばもっと別の印象を得たかもしれない。

 
ペンタトニカ_20180330

このページのトップヘ