あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2017年12月

20171213日 NHK交響楽団 1875回定期演奏会 1日目

 

サントリーホール

1階 215

 

ハイドン: 交響曲第85番『女王』

細川俊夫: ソプラノとオーケストラのための『嘆き』

                            ―ゲオルク・トラークルの詩による

メンデルスゾーン: 交響曲第3番『スコットランド』

 

指揮:シャルル・デュトワ

ソプラノ: アンナ・プロハスカ

 

夏以降ほぼ毎週東京出張となるなか、今週は久々に月―金を通して大阪オフィスの予定で、水曜日の小林研一郎・大阪フィルのオービック・コンサート(ザ・シンフォニーホール)を避けるように月・火・木・金と仕事関連の会食・忘年会の連荘にしていたのに、よりによって水曜日に朝から東京出張せざる得なくなってしまった。急遽、チケットは知人にお譲りできたものの、結果的に先週、東フィル定期での小山実稚恵、そして今週の清水和音と2週連続でチャイコフスキーのピアノ協奏曲を聞き逃したことになる。その知人によると、コバケン節たっぷりで特に後半曲チャイコフスキー5番がとても“アツかった”とのこと。オーケストラアンコールは“ダニーボーイ”とオービック・コンサート定番の“ふるさと”、そして清水和音はショパンのノクターンだったそうな。

 

コバケンを聴きそびれたものの、激務のなかワーク・ライフ・バランス維持の源泉として、クラシック音楽については“転んでもただでは起きない”のが私のポリシー。前日火曜日にN響サイトでサントリーホールB定期の残席販売を見つけて、すかさず購入(セブンイレブン発券)しておき、さも“大阪に戻ります”といった体で東京オフィスを出たその足で、そのまま溜池山王へ。翌朝7時羽田発で伊丹に戻り、そのまま(さも前日に日帰出張したかのように)朝9時から大阪オフィスに出社。おかげで今週はいつも以上に疲労困憊。

 

かろうじて購入できた席は、どうやら“超”がつく不人気席の1階後方(後ろから3列目で2階が被さっている)。12型で演奏されたハイドンは、ステージ上のN響は恐らく非常に精緻な演奏をしているだろうのに、とにかく音が遠くて前方に広がる巨大なホール空間で鳴っている音を、2階席下になったホール後奥からじっと耳を欹てて聞いている感じ。これでS席なの?ご冗談はよし子さん、ですね。N響定期でも最後まで売れ残っているわけだ、と妙に納得してしまった。

 

メンデルスゾーンになると16型で音もそれなりに聞えてくるようになっても、ホール音響空間の外に身を置いた状態は変わらず、全感覚を落ち着かせて向こうで鳴っている音を聞きにいかなければならない。そんなこんなでも、やはりN響の抜群の上手さは十分に判る。メンデルスゾーンは、豊かに鳴る弦(良席で聴いたら、きっとこんなものじゃないはず)、ニュアンス豊かな木管(こちらは最後方席でも良くわかる)、そして安定した金管のバランスの見事なこと。それに加えて、シャルル・デュトワの指揮は歌謡性を強調したりテンポを巧みに変化させたりと、作曲者がスコットランドを旅した際に着想を得たとされる曲題名のイメージよりも、よりラテン的明るさを持った解釈を聴かせてくれた。東京でN響を聞く度に(残念ながら、聴く…ではない)思う、“ああっ、いつかサントリーホールの良席でN響を聴きたい”。

 

 
NHK交響楽団_1875回定期_20171214



2017
1208日 日本センチュリー交響楽団 いずみ定期第37

 

いずみホール

1階 定期会員席

 

 

ハイドン             : 交響曲第41番 ハ長調

アルブレヒツベルガー : パルティータ ヘ長調

  ――アンコール  フランシスク (ブランジャニー編):ブランル 

ハイドン             : 交響曲第52番 ハ短調

ハイドン             : 交響曲第43番 変ホ長調『マーキュリー』

 

指揮               飯森 範親

ハープ                吉野 直子

 

いつも楽しみなハイドン・マラソンだけど、この日の演奏はいつもの日本センチュリーらしくない。第41番ではVnのまとまりが悪かったし、ホルンは終始(確かに第52番など、かなりのハイトーンを要求されているにしても)音程が不安定で合奏全体の響きを濁してしまう。音も以前の大阪フィル並みの深みのない貧しい音色でアンサンブルの質を落としてしまった。終演後に飯森範親がHr.メンバーを立たせたときにTop奏者がふらついて立ち上がれなかったので、体調不良をおしてのステージだったのだろうか。だとすれば大変ご苦労様だけど、パフォーマンスが劣ってしまえばプロフェショナルではない。定期会員なので、時には辛辣な意見もご容赦のほどを・・・。なお、52番は秀作です。

 

今週は、東京出張にあわせて火曜日の東京フィルの899回定期のチケットを買っていたのに、年度末に向けての会議が終わらず、流してしまった。小山実稚恵のチャイコフスキーPコンだったのに・・・残念無念。

 
日本センチュリー_いずみ定期第37回_20171208

 

20171126日 ダニエル・ハリトーノフ ピアノ・リサイタルいずみホール

 

いずみホール

1M21番 

 

モーツアルト    : 幻想曲 ニ短調 K397

ベートーベン    : ピアノソナタ 第14番 『月光』

ベートーベン    : ピアノソナタ 第23番 『熱情』

ショパン        : バラード 第1番ト短調

ショパン        : ノクターン 第2番 変ホ長調

ショパン        : 即興曲 第1番 変イ長調

ショパン        : ノクターン 第20番 嬰ハ短調

ショパン        : ポロネーズ 第6番 変イ長調『英雄』

リスト          : 愛の夢 第3番 変イ長調

リスト          : ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調

  ――アンコール     リスト          : コンソレーション第3

                        ショパン        : エチュードOP25 12番『大洋』

 

2015年チャイコフスキー国際コンクール第3位の看板を背負っても、ひたすらポピュラー曲を並べても、入場料3,000円でも、ソロリサイタルが完売に程遠いのだから、世の音楽専攻の学生は、よほど恩才に恵まれない限り(いや、恵まれていたとしても...か)“ピアニストになろうなんて努々思わないほうが良い”。19歳のビジュアル申し分無しで女性に相当にモテソウ(人気がでそう)なのだけど・・・プロモーション次第かな。

 

会社Warehouseの棚卸しで週末を大阪で過ごすことになったけど、例の“クラシック音楽バー”は皆勤したし、ピアノ名曲コンサートも聴けたし、良い週末だった。

 
ダニエル・ハリトーノフ_ピアノリサイタル_20171126

20171124日 バルトルド・クイケン バロックフルート・ソロリサイタル イシハラホール 

 

大阪肥後橋 イシハラホール

G3

 

またもやブログ更新をサボってしまった。しかも今回は4週間近くも。演奏後直ぐにiPhoneEvernoteに残したメモ書き(ノート)を頼りに演奏の防備録として順次、ブログに残します。

 

バロック・フルート: バルトルド・クイケン

 

G.P. テレマン           : ファンタジア第7番 ニ長調

                          ファンタジア第6番 ニ短調

M.ド・ラ・バール        : 組曲ニ長調

 + F.クープラン:         恋の鶯

J.S. バッハ             : 無伴奏フルートのための組曲『パルティータ』イ短調BWV1013

C.P.E.バッハ            : 無伴奏フルートのためのソナタ

S.L.ヴァイス            : 組曲ト長調

 

  アンコール        バッハ: ラールゴ

                        テレマン: ファンタジアから“アレグロ”

                        テレマン: ファンタジアから“ラールゴ”

 

ヨハネス・ヒアキントス・ロッテンブルグ(ブリュセル1735年製)、オトテール(パリ1800年頃)、アウグスト・グレンザー(ドレスデン1750年製)の各コピーを持ち替えての演奏。音色の違いが楽しめて面白い。

 

なんとも高次元の演奏だこと。ブレス音は気にならないし、お腹を凝視していても腹式呼吸をしてるなんてまったく感じさせない、あまりにも自然体な演奏姿。なのに、どうして音程と音色を一切変えずに完璧に、それも2時間も無伴奏で吹き続けられるのだろう。“卓越した”なんて形容では、とても及びもつかない技術と音楽性、そして集中力をもっているに違いない。

 

クイケンの意向でバールの組曲の途中に、クープランの“恋の鶯”が挿入演奏された(プログラム折込チラシにクイケン本人のコメントあり)。この曲は、当初のプログラムにはなかったのもので、生演奏が聴けてとても感激。学生ころのLPでブリュッヘンのフラウト・トラヴェルソの演奏で知り、CD時代になってからも、ブリュッヘンのリコーダー全集(TELDEC12CDセット)と、クリストフ・ルセのクープラン・クラヴサン全集(Harmonia Mundi11CDセット)で時々聴いている。そうそう、クリストフ・ルセのクープラン・クラヴサン全集は寝つきの音楽としてもってこいです。

 
クイケン_20171124


20171123日 メシアン 歌劇『アッシジの聖フランチェスコ』 びわ湖ホール 

 

滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール

1階 1M 25

 

またもやブログ更新をサボってしまった。しかも今回は4週間近くも。演奏後直ぐにiPhoneEvernoteに残したメモ書き(ノート)を頼りに演奏の防備録として順次、ブログに残します。

 

指 揮           :シルヴィン・カンブルラン

オーケストラ    : 読売日本交響楽団

 

天使                    : エメーケ・バラート

聖フランチェスコ        : ヴァンサン・ル・テクシエ

思い皮膚病を患う人      : ペーター・ブロンダー

兄弟レオーネ            : フィリップ・アディス

兄弟マッサオ            : エド・ライオン

兄弟エリア              : ジャン=ノエル・ブリアン

兄弟ベルナルド          : 妻屋 秀和

兄弟シルヴェストロ      : ジョン ハオ

兄弟ルフィーノ          : 畑山 茂

 

合唱    : 新国立歌劇場合唱団

          びわ湖ホール声楽アンサンブル

 

オンド・マルトノ        : ヴァレリー・アルトマン=クラヴリー

                          大矢 素子

                          小川 遥

 

昨年11月の京響定期で“トゥーランガリア交響曲”を聴いて、この曲はもうこれで十分、とブログ記事にしてしまった。また、年明け1月のサントリーホールでの東響定期のブログ記事で“メシアンは苦痛でしかない”と記してしまった。ああっ、なんということを・・・。

昨年11月の関西フィル・いずみホールシリーズVol.41 のブログ記事で、“1123日の

ディメイのフランクのソナタは聞き逃せない!“と記している。いやいや、この日の“アッシジの聖フランチェスコ”こそ、絶対に聞き逃してはならない。東京での2公演は完売だったらしい(当然!)のに、びわ湖ホールは1階席後方にまだ100席程度の空席があったようだった。このような一大イベントを関西のクラシックファンで満席にならないなんて、なんてもったいなく残念なことか。

 

それにしても、先週のサントリーホールでの二晩の演奏会ブログを何とかアップして、さて残りの演奏会も・・・とその気になったものも、この歌劇『アッシジの聖フランチェスコ』をどう、ブログ記事にしようか思いあぐねてしまい、結局、大阪フィルのソアレ演奏会の記事アップを始めとして、またもや数週間ほど挫けてしまった。

 

Evernoteのメモ冒頭に“傑作なり、名演なり”と記している。そうそう、超巨大な編成による音楽は濃密でありながら、明晰。第7幕、第8幕の奇跡の合唱、天使の神々しい歌声、鳥を表現したまったくミスの無い脅威の打楽器奏者たち。後半幕において複雑で時に怪奇な響きの果てに鳴り渡る純粋で無垢の長和音の響きの恍惚。200人近い合唱も含めて300人を超える演奏者の音と声の響きがまったく濁りもない。

 

“畢生”との形容はワーグナーの“指輪”とともに、この曲にも値するこの作品を歌劇として舞台上演は出来るのだろうか。仮に演奏者の配置を奇跡的にクリアできたとして、第5幕、第6幕の音楽をどの様なイマジネーションで舞台演出させるのだろうか。



アッシジの聖フランチェスカ_20171123


2017
1117日 日本センチュリー交響楽団 第221定期 1日目

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1階 定期会員席

 

さらにブログ更新をサボってしまった。演奏後直ぐにiPhoneEvernoteに残したメモ書き(ノート)を頼りに演奏の防備録として順次、ブログに残します。この

 

メンデルスゾーン: 序曲『フィンガルの洞窟』 作品26

ブルッフ: スコットランド幻想曲 作品46

  ―アンコール J.S. バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番より“ラルゴ” 

ディーリアス:劇付随音楽『ハッサン』より“間奏曲”、“セレナーデ”

エルガー:創作主題による変奏曲『エニグマ』作品36

 

指揮               デイヴィット・アサートン

ヴァイオリン    郷古 兼

ハープ                高野 麗音

 

昨日の大阪フィルの演奏会ブログでも記したとおり、とにかくザ・シンフォニーホールの響きのすばらしい。冒頭の柔らかな響きから、すぐさまメンデルスゾーンの音楽に引き込まれる。

 

実は、この日の演奏会についてEvernoteには“冒頭の柔らかな響き”“木管アンサンブルが秀逸”との2行のみ。さすがに1月近くたった今(12/10)になっては、演奏を聴いての感想など、とても記しようがないのだけど、ひとつはっきりと記憶しているのは、後半最初の小品2曲を聞きながら、そのとって付けたようなプログラミングに『ディーリアスなら“楽園への道”(村のロメオとジュリエット)など、他に佳作が沢山あるのに、何故こんなつまんない曲を?』と思ったことくらいか。

 
日本センチュリ_第221回定期_20171117

 

20171116日 大阪フィルハーモニー交響楽団 ソアレ・シンフォニー Vol.10

 

ザ・シンフォニーホール

1階席N6

 

ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番 ハ短調

  ―アンコール(ピアノソロ) ラフマニノフ:『パガニーニの主題による狂詩曲』第18変奏

チャイコフスキー: 交響曲第6番 ロ短調

  ―アンコール チャイコフスキー:弦楽セレナーデ “ワルツ”

 

 

指揮:  大友 直人

ピアノ : 牛田 智大

 

またもやブログ更新をサボってしまった。しかも今回は4週間近くも。演奏後直ぐにiPhoneEvernoteに残したメモ書き(ノート)を頼りに演奏の防備録として順次、ブログに残します。

 

東京一極集中のクラシック音楽界では一地方都市に過ぎない大阪では、シンフォニーならチャイコの5番、ヴァイオリン協奏曲ならメンデルスゾーンで、ピアノはラフマニノフの2番がとにかく多い。この曲をプログラミングすることである程度の集客が見込めるからなのだから当然のこととしても、今年はラフマニノフ2番とチャイコフスキーの4,5,6番の組み合わせの多いこと。

 

18歳の牛田智大は華奢な体からイメージとは違いピアニスティックな演奏。若さ故の力任せと内面に持つ音楽性とのアンバランスさを感じる。一方で大友直人の指揮は、特定オーケストラの常任ポジションをもたず、いろいろなオケの地方公演を雇われ指揮している立場では、“無理な主張をオケに強いず・聴衆に判り易く”をスタンスとしているのだろうか、シンフォニーは、つまらなくは無いが面白くもない。

 

それにしても、一階席でザ・シンフォニーホールの響きの中に身を浸すのは至極贅沢。このホール一階席での音響は、私の知る限りでは日本一番。直前にサントリーホールの音を二日続けて体験した後なので、つくづく思う。出張の折、(少々以上に)強引に時間を割いて出かける東京の演奏会で貧しい音、貧弱な響きに接するたびに、つくづくザ・シンフォニーホールがある関西在住のクラシックファンは幸せだと思う。なにせ、東京のNHKホールやら、オーチャード・ホールなど、演奏を聴きながら“本来ならきっとこんな響きがしているに違いない”と耳に聞える音を補正しながら音楽を楽しまなければならないのだから。

 
10_20171116

このページのトップヘ