あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2017年08月

2017811日 日本センチュリー交響楽団 第36回いずみ定期 

 

いずみホール

1階 定期会員席

 

ハイドン: 交響曲第60番 ハ長調 『うっかり者』

ディッタースドルフ: コントラバス協奏曲第1番 変ホ長調

ハイドン: 交響曲第54番 ト長調

ハイドン: 交響曲第78番 ハ長調

 

 指 揮        : 飯森規親

コントラバス  : 村田 和幸

 

コンサート最初の曲が “うっかり者” ということをうっかり忘れていた私はうっかり者だ。パンフレットの演奏曲目をよく見ずに(どうも最近よくある)聴き始めた最初の交響曲、“各楽章ともなかなか機知にとんだ佳作ではないか”などと思いながら聴き進んだ終楽章冒頭、コンサートマスター(おそらく隣りのフォアシュピーラーも一緒に)と飯森規親の見事な演技に“うっかり”騙されてしまった。

 

楽章開始早々の(見事なまでに不快な)不協和音、そして “おいおい!” といった表情でタクトを下ろし音楽を完全に止めた後、左耳を指差しながら “音が違う!” と調弦をコンマスに指示するマエストロの見事な役者ぶり。そしてすばやく調弦を済ませて演奏を再開するまでの一連の流れのスマートなこと。ちなみに広島の自宅に戻って唯一の手持ち音源、アダム・フィッシャー全集の同曲演奏を聴いてみると、調弦箇所もしっかり音楽的時間軸のなかで扱われていて、なんと面白みの無いことか。全曲をライブ録音することの意義は、まさにこうしたところにあるのだろう。

 

正直なところ日本センチュリーに特段の思い入れはないし、定期演奏会を軸としたハイドン交響曲のライブ全曲録音はいささか無謀な事業計画だと思わないでもない。でもこの演奏を聴いて、是非ともこのハイドン・マラソンを完走(全曲のライブ音源化)させていただきたいと切望してしまう。全集CDが発売になったら、必ず購入しますよ。ちなみに、この曲が“うっかり者”あることは、途中休憩中にパンフレットの曲目解説を読んでやっとで気づいた。

 

それにしても毎度の繰言だけど、コアメンバーで演奏される日本センチュリーの演奏クオリティーは実にすばらしい。後半第54番、第78番のそれぞれ第2楽章など、弦が綺麗に一本の線として聴こえる。15分の休憩を挟んで終演が915分だったのだから、完璧なる演奏を2時間ほど聴き続けたことになる。さすがに最後は聴くほうも集中力を保つのが辛い。特に今日のような最高度なレベルのハイドン演奏を聴かせてもらえるなら、わざわざキワモノのコンチェルトをプログラムに加えなくも十分に満たされるのだけど。

 

閑話休題

本文中に日本センチュリーに特段の思い入れが無いと記したのは、大阪生まれでも住民票を置いた大阪府民でもないからで、他意はない。一方で、大阪フィルは今から37年も前に “残響8秒で聞く至福のブルックナー” と盛んに前宣伝された東京カテドラル聖マリア大聖堂での朝比奈隆とのブルックナー8番 (1980年10月24日)に接して以来のファンであり、大阪府民(市民と記したほうが適当かな?)ではなくてもそれなりの思い入れがある。事実、10年ほど前に大阪に勤務先を移した早々に定期会員になってからは、定期演奏会通いを怠ってない。

 

日本センチュリーについて、大阪フィルと比べて明らかに不満足な点がひとつ。大阪フィルは、誰がコンマス席にすわろうとも、またどれだけアシスタントが加わろうとも、演奏終了後に指揮者がタクトを下ろすまで、誰一人弓を微動だにさせない。その統率美たるや実に見事なもので、特に静かに曲を閉じる作品を聴くとき(マーラー9番や “大地の歌” など)など、ホール一体となった素晴らしい音楽体験を得ることができる。翻って、日本センチュリーは、コンマス以下、だれかれお構いなしに指揮者のタクトが下りる前に“はい、おしまいです”と弓を下ろしてしまう。これだけは、どうもいただけない。

 
日本センチュリー_いずみ定期第36回_20170811


2017
810日 関西フィルハーモニー Meet The Classic Vol.35 いずみホール

 

いずみホール

1J31番 

 

ルロイ・アンダーソン:舞踏会の美女

林 そよか: 弦楽と他楽器のための“Fantasia

J.S.バッハ: ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV.1052

チャイコフスキー: 交響曲第6番 ロ長調『悲愴』

 

指揮: 藤岡 幸夫

ピアノ: 小川 理子

 

昨年10月に指揮者・演奏者への敬称をとりやめたのだけど(関西フィル第278回定期のブログ)、この日のピアニスト小川理子さんについては、同じビジネス・パースンとして(勿論、私などとは比べものにならないご経歴をお持ちの方です)尊敬の念を込めて“さん”付けで記させていただきます。

 

演奏会は常々 “万難を排して” ではあるけど、さすがにオーバーナイト便で関空到着後、そのままオフィスで仕事をした後のコンサートは体力的に少々きつい。でも強引に都合をつけて聴きに出かけるに十分見合った価値ある演奏会だった。

 

本日のピアノストであるパナソニック執行役員小川理子さんのお名前は、以前よりいくつかのビジネス誌を通じて存じていて、特に自らが部門責任者としてご活躍されている“テクニクス”ブランド復活のストーリーは若き頃の高級オーディオへの憧れを呼び覚ましてくれたもの。プレジデント誌の記事で玄人はだしのジャズピアニストであることは知性に溢れた笑顔のお写真とともに存じており、この日は是非ともその小川理子さんの弾くバッハを聴きたかった。

 

ピアノの音は一粒々々が均一ではなく、厳しく評したら正当なバッハ演奏ではなかったかもしれない。でもそんなことなど彼方に押しやってしまうほどのパッションと、ピアニストの豊かな人間性すら感じさせる心のこもった演奏だったのではないか。両端楽章の独奏箇所での均整を保った中でのシンコペーションを効かせたジャジーな味付けの素敵なこと。ピアノに向かっているときの凛とした佇まい、そして終演後の笑顔のたいそう素敵なこと。

 

開演前にキャンセルチケット待ちの列がホール前に出来るほどの満員御礼となったのも、小川理子さんのバッハとともに、地元出身の若手作曲家による新作初演がなされたことが大きかったはず。Fantasia” と題されたその作品は、東京芸大大学院首席で卒業の20代作曲家(私の斜め前にお座りで、妙齢の女性だった)にとって、初めて本格的作曲の機会を得た秀作というところか。弦楽5部と打楽器からなる作品は、5声部が常に和声的に重なり合ったり、追いかけたりといった “オーケストレーション頑張ってます” 状態が延々と続き、どんな作品だろうかと興味深々でいる当方は聴いていて(実演を見ていて)とても疲れてしまう。シンプルにそぎ落とされた瞬間があれば印象が違っていたかもしれないけど。オーケストレーションもパーカッションの扱いは特に挑戦的・実験的アプローチもなく、またはっとさせられる瞬間もない。

 

15分の休憩を挟んでのチャイコフスキーのシンフォニーを聞くと、冒頭部分のオーケストレーションの巧みさに改めて驚く。長く聴き続けられる作品なのだと改めて認識させられる。ただし演奏は凡演。最後は盛り上がって終わる4番、5番の交響曲なら、どんな演奏でもそれなりに興奮させられて終わるものだけど、6番となると特に終楽章の弦楽合奏のクオリティーが演奏の成否を決める。翌日の同ホールで、すばらしい日本センチュリーの演奏を聴いた後では、やはり大きな違いを感じざるを得ない。弦 に艶が無いし合奏が荒すぎる。"熱演、爆演" で押し切れる曲では無い。
 

 
関西フィル_MeetTheClasic35_20170810

201782日 大阪新音フロイデ合唱団 2017年夏公演

 

フェスティバルホール

1236

 

メンデルスゾーン: 讃歌 作品96

ベートーベン: 交響曲第8番 ヘ長調

ブルックナー: テ・デウム

 

合唱    : 大阪新音フロイデ合唱団

 

指揮    : 沼尻 竜典

管弦楽  : 大阪フィルハーモニー交響楽団

ソプラノ: 田崎尚美

アルト  : 竹本節子

テノール: 清水徹太郎

バリトン: 三原剛

 

今年のかなり早いうちからチラシで目にしていた演奏会。ギリギリまで躊躇していたけど、最後は“テ・デウムを生で聴いてみたい”欲求が勝り、一週間前にフェスティバルホールのサイトからS席(大阪フィルの定期A席価格)を購入。結局、その代金を払って聴きにでかけるほどではなかった。

 

オーディション無し・チケットノルマ有りのアマチュア合唱団は圧倒的にパートバランスが悪い。ステージの特設ひな壇を埋め尽くした200名の内訳は、パンフレットに記載されたメンバー表によるとS-79名、A-74名、T-21名、B-31名。つまり男性2パートをあわせた数がソプラノ・アルトよりも少ない。学校のコーラス部のようだ。音楽のボルテージが上がると、女性パートが精一杯声を張り上げるので男性パートが埋もれて聞こえなくなる。弱音分になると音程がかなり厳しい。数日前に同じフェスティバルホールで壮絶なマーラーを聴かせてくれた大阪フィルも雇われ公演のやっつけ仕事。気の抜けたベートーベンは、後半寝てしまった。

                                                                   

客席は、ざっと見回して7割ほどの入り。合唱メンバーの家族や親戚がおもなのだろうか。わたしのようにチケットオフィスから購入した観客がどの程度いたのだろう。

 
大阪新音フロイデ合唱団2017年夏_20170802

2017728日 大阪フィルハーモニー第510回定期演奏会 2日目

 

フェスティバルホール

2153

 

マーラー: 交響曲第6番イ短調『悲劇的』

 

指揮: エリアフ・インバル

 

経験的に、定期初日よりも2日目のほうが演奏のクオリティーがあがるもの。統率力の優れた指揮者の場合ではその差は僅かだったりするものの、時に“初日はゲネプロかっ”と思わされたりすることもある。なのに・・・今回の定期、明らかに初日の演奏が優れていたと感じるのはなぜだろう。少なくとも初日の演奏のほうが、より張り詰めた空気に満たされていたように思う。インバルが昨日よりも、ほんの僅かだけ手綱を緩めたのだろうか。まさかこの難曲で、オーケストラに“なれ”など生じる余裕などあるまいし。

 

昨日の演奏で強烈なカタルシスを体感させられたコーダ(正確にはコーダへの序奏)に突入する直前の2小節(第771772小節)は、明らかに昨日より減速度合いが少なめだった。結果的に、その後に続く初版では示されていた3回目のハンマー箇所でのオーケストラの炸裂、さらにはトロンボーンとチューバによる弔いのコラールの後の衝撃のエンディングに至る、息詰まるような緊張も昨日に比べていささか弛緩してしまった(少なくとも私にはそう感じられた)。

 

とにかく来年も是非ともインバルを大阪に呼んできてもらいたいものだ。何番を聴きたいか? う~ん、9番か“大地の歌”がいい。事務局長様、お願いします。(勿論、来期のオファーはなされていますよね?)

 
大阪フィル_第510回定期_20170724

2017年7月27日 大阪フィルハーモニー第510回定期演奏会 1日目

 

フェスティバルホール

1階定期会員席

 

マーラー: 交響曲第6番イ短調『悲劇的』

 

指揮: エリアフ・インバル

 

マーラーの6番は高校時代にお年玉で買ったバーンスタイン・NYP6番と9番のLP3枚組ボックスセット(懐かしいなぁ、2枚目A面に6番終楽章、B面に9番第1楽章がカッティングされていた)を擦り切れるほどきいたもの。以来、結構聴きこんできたつもり。この数年に限っても、大植英次・大阪フィルで2回(このブログを始める前の2014年で、新生フェスティバルホールに本拠地を移した最初の年の定期だった)、昨年の高関健・京都市交響楽団(第599回定期)、上岡敏之・新日フィル(今年の311日の墨田トリフォニー、ただし4楽章のみ)を聴くことができた。

 

テンシュテットのNYライブ盤の荒れ狂った演奏やら、分析的で緻密な解釈のシノーポリなど、マーラー交響曲の中でも指揮者の個性が特に色濃く出る作品であるにも関わらず(いや、だからと言うべきか)、交響曲としての様式を維持しつつ、同時に暴走の一歩手前でオーケストラを乱舞させ、しかも狂乱と退廃の二面性を描ききるのは並大抵のことではないはず。たとえば昨年の京都市響定期での高関健は、破綻の無い構成でうまくまとめたものの、作品の持つ凶暴さや狂気から数歩も距離を置いてしまっていたし(たしか当日のブログでも“聴き終えてもまったく精神的に疲れない演奏だったと記した)3年前の大阪フィル定期での大植英次はその間逆として破綻覚悟でアゴーギクを利かせたり極度なテンポを取ったりと、交響曲としての構成感を置き去りにしていた。

 

長々と前ふりをしてしまったけど、では世に“マーラー指揮者”として名高いインバルはどうだったかというと、決して高機能オケとはいえない大フルから作品の持つ二面性(前述した狂乱と退廃)をみごとに引き出していたのではないだろうか。インバルを迎えた1年前の第502回定期でのズタボロぶりに “ビッグネーム、インバルを呼ぶに値しない。”とファンゆえの暴言を演奏会日記に吐いてしまうほどだった大阪フィルが、この日、ここまでの見事な演奏を聴かせてくれるとは。インバルの頻繁なテンポ変化に大阪フィルは見事についていったし、名古屋フィル正メンバー3名がごぞってエキストラとして加わった9本のホルンパートを筆頭に、最近どうやらトップ奏者が入れ替わったトランペットなど、どのパートも安定していたのが良い。

 

終楽章の終結まぢか、練習番号164(773小節)突入の直前2小節でみせた強烈なアラルガンド(最後の二分音符の溜めの凄いこと)で完全に放心状態に持っていかれた。この部分、とても気になったので週末帰省後に手持ちのいろいろな音源を確認してみたけど、この日の演奏ほどアラルガンドを効かせた指揮者はNYライブでのテンシュテットくらいだった(EMIのスタジオ録音ではない)。因みに、この箇所は数小節手前からのクレッシェンドのみでテンポ変化についての指示がなく、大概の指揮者はあまりテンポを落とさずに練習番号164に向かっていく。長い80分が経過した、大詰めに残されたオーケストラの炸裂に向かう、その直前で私はインバルに搦め捕られてしまった。この曲を聴いて、初めて興奮した。

 
大阪フィル_第510回定期_20170724

このページのトップヘ