あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2017年07月

2017714日 バーンスタイン 『ミサ』

 

フェスティバルホール

21

 

総監督・指揮・演出: 井上 道義

 

バリトン        : 大山大輔

ボーイソプラノ  : 込山直樹

 

小川里美、小林沙羅、鷲尾麻衣、野田千恵子、幣真千子、森山京子、後藤万有美、藤木大地、古橋郷平、鈴木俊介、又吉秀樹、村上公太、加耒徹、久保和範、与那城 敬、ジョン・ハオ

管弦楽          :大阪フィルハーモニー交響楽団

合唱            :大阪フィルハーモニー合唱団

児童合唱        :キッズコールOSAKA
バレエ          :堀内充バレエプロジェクト/大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース

助演            :孫高宏、三坂賢二郎(兵庫県立ピッコロ劇団)

 

連続休暇を取り、この演奏会の翌日から8日間ほど妻を連れ立って美瑛・富良野を中心に北の大地・北海道の夏を満喫してきた。さわやかな好天に恵まれた北海道から一転、大阪の夏は暑い。しかもここ数日、気温30度を軽く超えているにも関わらず、勤務先のオフィス窓越しからみる大阪の空は霞がかかったようで、不快な蒸し暑さが窓越しにも伝わってくる。旅の基点となった札幌市内ではちょうどPMFの期間中で、JR札幌駅前からススキノにかけて街を散策するといたるところにPMFのポスターが貼られてる。う~ん、シマッタ。もっと早くに気づけば日程を調整してキタラ・コンサートホールでPMFコンサートが聴けたのに。

 

さて、毎度のように演奏会からまたも日数を置いてしまった。とにかく、自身の記憶のためにもとにかく日記として書き留めないといけない。席は販売開始早々に購入した2階最前列ど真中、想定どおりこの作品を鑑賞するにはベストの選択だったはず。舞台全体を俯瞰できるうえに、十字架を利用した字幕表示との目線移動も少なくストレスが無い。そうはいってもピットを使用してのステージは、いつものオーケストラコンサートよりは少々遠め。

 

9月のレ・ミゼラブル観劇の際にも使うだろうからとロビーで購入したオペラグラスから覗くと、歌手が左頬にマイクをつけて歌っているし、下手花道からマーチングしながら入場してきた木管パートの編成やピット内の弦楽器群を見ると、どうにもクラシック音楽の通常編成とはかなり異なっていかにもミュージカルの生オケの体だったりで、実際のところ1時間経過した前半までは、この“作品”を如何とらえてよいか困惑してしまった。

 

かなり長く続いた“戸惑い”が一掃されたのは、大山大輔演じる司祭が狂乱の後に舞台から去り、もう一人の主役、ボーイソプラノの込山直樹が長い滑り台から登場してからのこと。それまで和訳歌詞を目で追っていた字幕表示板がステージの上に静かに引き上げられてから終幕までの、純然たる音楽による魂の昇華と見事なステージ演出は衝撃的な感動を受けた。字幕表示板の引き上げは“さあ、ここから先は言葉は不要なり、この純粋無垢な調べに耳を傾けよ!”との総監督井上道義の無言のメッセージだったに違いない。

 

全員暗譜で歌った大阪フィル合唱団と児童合唱、練りに練ったステージ進行、PAと生音との見事なバランス、そして奇跡的な(とあえて表現する)ボーイソプラノ。。。フェスティバルホールという最適な器も含めて、この歴史的な上演が首都東京ではなく大阪で行われたことに感謝したい。

 
バーンスタイン_ミサ_20170714


以前の大フィル定期会場で掲示されていた“井上道義直筆、舞台イメージ図”
実演もほぼ、これと同じ。
大きな違いは、下手の木管群の編成がずっと軽減さえていたことくらいか。

バーンスタイン_ミサ



2017
713日 ザ・シンフォニーホール・ビッグバンド Vol.6

 

大阪ザ・シンフォニーホール

2階GG

 

Music Director       :菊池寿人

Special Gust         :古澤 巌

 

プログラム

Explosion

Memories of You

ダッタン人の踊り

Fly Me to The Moon

Rhapsody In Blue

Caravan

Full House

Mr. Lonely

Paganiniana

Spain

 

――アンコール

Livertang On Fire

 

またも演奏会記録の書き溜めをしてしまった。大阪フィル509回定期、読響第17回大阪定期、ザ・タローシンガーズ第22回定期、ドレスデン・フィル芸術劇場演奏会、関西二期会のサロンオペラ“カルメン”、シンフォニーホール・ビックバンドVol.6について、順次アップします。昨日聴いた、バーンスタイン“ミサ”は、後日あらためて時間を置いて記します(あまりに衝撃が大きすぎた)。

 

これまで聴いた5回(週末にあった第3回は聞き逃した)のなかで最高の一夜。どのアレンジも良い。いつもの通りバンドが抜群に上手い。そしてゲスト古澤巌のヴァイオリンが切なかったりセクシーだったり、ファンキーだったり。毎回取り上げるクラシックをモチーフにしたアレンジ曲も、今夜のダッタン人の踊りが一番(Vol.4のショパンは、モチーフの展開に創造性を欠いていた)。定番となった冒頭にパイプオルガンをフィーチャーしてのアンコールのLivertang On Fireまで、とにかくとにかく楽しいの一言。

 

大変残念なことに次回Vol.7はレ・ミゼラブルと重なってしまった。残念、聴きに行けない。

 
6_20170713

2017712日 関西二期会サロンオペラ 第15回公演 『カルメン』

 

ザ・フェニックスホール

 

ビゼー 『カルメン』

 

指揮:金 正奉

演出:高木 愛

ピアノ演奏:蜷川 千佳

 

またも演奏会記録の書き溜めをしてしまった。大阪フィル509回定期、読響第17回大阪定期、ザ・タローシンガーズ第22回定期、ドレスデン・フィル芸術劇場演奏会、関西二期会のサロンオペラ“カルメン”、シンフォニーホール・ビックバンドVol.6について、順次アップします。昨日聴いた、バーンスタイン“ミサ”は、後日あらためて時間を置いて記します(あまりに衝撃が大きすぎた)。

 

サロンオペラとして群集の場面などを割愛した2時間ほどのバージョン。こういった趣向の演奏会は歌手一人ひとりの実力云々など無粋。小さな舞台での小粋な演出も交えた歌のアンサンブルを楽しんだ。タイトルロールが第1幕から役になりきって演技をしていたのに比べ、男性陣は第2幕あたりまでどうしても吹っ切れなかったように感じたのか気のせいか。それでも最終幕のドン・ホセ役は表情も演技もぐっと深みが増していった。大いに楽しんだ一夜だった。

 
二期会_サロンオペラ_カルメン_20170712

201774日 ドレスデン・フィルハーモニー 東京芸術劇場

 

東京芸術劇場大ホール

1J31

 

ベートーベン: 交響曲第5

ショスタコーヴィチ: 交響曲第5

―― アンコール  エルガー: エニグマ変奏曲より“ニムロッド”

 

 指 揮          : ミヒャエル・ザンデルリンク

オーケストラ    : ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

 

またも演奏会記録の書き溜めをしてしまった。大阪フィル509回定期、読響第17回大阪定期、ザ・タローシンガーズ第22回定期、ドレスデン・フィル芸術劇場演奏会、関西二期会のサロンオペラ“カルメン”、シンフォニーホール・ビックバンドVol.6について、順次アップします。昨日聴いた、バーンスタイン“ミサ”は、後日あらためて時間を置いて記します(あまりに衝撃が大きすぎた)。

 

水曜日から金曜日まで東京出張となってしまい、楽しみにしていた水曜日の関西フィル定期(シュテファン・ドールのホルン)と金曜日の日本センチュリーのシンフォニー定期を聴くことができなくなった。その腹いせもあって唯一、無理やり都合がつけれそうな火曜日夜の演奏会を見つけた。曲目は、なんと“ウンメイ”と“カクメイ”。台風到来を避けるように夕方3時にオフィスを飛び出し、そのまま新幹線で東京にむかい、池袋の東京芸術劇場に開演10分前に到着。

 

東京芸術劇場大ホールはどうやら20年ほど前、前職の東京勤務時代に来たようだ。誰のコンサートだったかまったく覚えがないけど、すでにリニューアルでなくなった眩暈がしそうな直線エレベーターだけをはっきり記憶している。このホール、対抗配置のベートーベンで下手に置かれたベースの音が、なぜか上手方向から強く聴こえるなど、よく言えば大変個性的な響き、悪く言えば音像がステージ上に留まったまま鳴ってしまう(もし東京居住であれば)あまり聴きに出かけたいと思うホールでなない。特にオーケストラを聴くときにホールの響きは演奏をどれだけ楽しめるかの重要な要素であって、だからこそ大阪のシンフォニーホールやフェスティバルホールでは、可能な限り同じあたりの席を選択している。

 

音の印象が演奏の印象も左右してしまった。演奏会から2週間ほども経過し、角の丸い(エッジをきかせない)演奏だった、といった漠然とした記憶しかない。ただしこれもホールの音の印象なのかも。う~ん、(何度も書くけど)やはり、演奏会日記は、出来るだけ早く書き留めないと。

ドレスデンフィル_20170704

ドレスデンフィル_東京芸術劇場_20170704

2017630日 ザ・タロー・シンガーズ 第22回定期演奏会 『賛美と内省と』

 

いずみホール

1B20

 

B・ブリテン: 神よ、速やかに我らを救い給え

K・ニーステッド:ミゼレーレ

K・ニーステッド:悲しみの聖母 -混声合唱とチェロのための

B・ブリテン: 大いなる神の栄光に

  ―― アンコール  B・ブリテン: 『5つの花の歌』から第2

                        不明

 

指揮            :里井 宏次

合唱            :ザ・タロー・シンガーズ

チェロ          :荒井 結子

 

またも演奏会記録の書き溜めをしてしまった。大阪フィル509回定期、読響第17回大阪定期、ザ・タローシンガーズ第22回定期、ドレスデン・フィル芸術劇場演奏会、関西二期会のサロンオペラ“カルメン”、シンフォニーホール・ビックバンドVol.6について、順次アップします。昨日聴いた、バーンスタイン“ミサ”は、後日あらためて時間を置いて記します(あまりに衝撃が大きすぎた)。

 

18名のメンバーによるア・カペラ・コーラス、ザ・タロー・シンガーズを聴くのは昨年1月に同じ“いずみホール”で、ア・カペラ合唱版『冬の旅』全曲の公演以来。そのときは大いに感動したのもので、この日の演奏会もたいへん楽しみにしていた。やはりこの団体、かなり上手い。特に各パート4名、16声のミゼレーレが見事。人声という完璧に均一な音色による見事なハーモニーは、えも言えぬ優美さで聴きほれてしまった。“混声合唱とチェロのための”と副題された悲しみの聖母は、自席(B20番)目の前で演奏されたチェロ独奏の迫真の演奏に耳と目を奪われてしまった。コーラスがまったく記憶にない。

 

ところで最終曲“大いなる神の栄光に”は英語歌詞にも関わらず、全員が徹底的なカタカナ発音のため、てっきりラテン語歌詞を歌っているものだと思って聴いていた。途中、パンフレットに目をやり英語歌詞に気づいてからは、どうにも聞いていて“聞き取ろうとしても聞き取れない、すわりの悪さ、ストレスを感じてしまう。う~ん、考えさせられる。イタリア語やラテン語歌詞を日本人が歌うのを聞いても、そもそもまったく知らない言語なのだから違和感を覚えようがないのであって、一方で今回英語の歌詞だった(と気づいた)ことで、かなりのストレスを感じてしまったことになる。たとえば、読響と一緒に第九を歌う新国立歌劇場合唱団のドイツ語は、国内のトッププロ合唱団らしく完璧なのだろうか。これまた、ドイツ語を話せないので、分かりようがない。

 
タローシンガーズ_アンコール_20170630


2017626日 読売日本交響楽団 第17回大阪定期演奏会 

 

フェスティバルホール

2階 1列目 定期会員席

 

プロコフィエフ: ピアノ協奏曲第3

R・シュトラウス: アルプス交響曲 作品64

 

 指 揮          シモーネ・ヤング

ピアノ                  : ベフゾド・アブドゥライモフ

 

またも演奏会記録の書き溜めをしてしまった。大阪フィル509回定期、読響第17回大阪定期、ザ・タローシンガーズ第22回定期、ドレスデン・フィル芸術劇場演奏会、関西二期会のサロンオペラ“カルメン”、シンフォニーホール・ビックバンドVol.6について、順次アップします。昨日聴いた、バーンスタイン“ミサ”は、後日あらためて時間を置いて記します(あまりに衝撃が大きすぎた)。

 

下半身をほとんど動かさずに指揮をするシモーネ・ヤングは、まるでピットから指示を飛ばすオペラの指揮者を見るよう。大編成のオーケストラを振るとき指揮者は大概に身振りが大きくなるもので、大植英次などはパフォーマンスよろしく背後の安全バーにもたれ掛かったりする。一昨日の指揮台上をところ狭しと体を移動させていた準・メルクルの指揮姿が目に焼きついていることもあり、なおさらシモーネ・ヤングの颯爽とした立ち姿が大変印象的

 

不思議なものでこの指揮者の求める音楽の姿もその指揮ぶりに重なって感じられてくるのはなぜだろう。アルプス交響曲での頂きに達するまでの少々サクサクとした音楽運びは、たとえばタイムキーピングを行いながらピットのなかで全体の進行をつかさどるオペラの指揮者を思わせる。スペクタクルな場面が連続するこの曲は、CDなどを聴いていると音響マックスの波状攻撃に些か疲れるものだけど(勿論オーディオ的悦楽は別として)、この日の演奏のように劇的な色合いを薄くした演奏は、結果として下山途中の嵐を音楽の頂点に持っていくこととなり大変バランスよく音楽をまとめることになっていた。

 

それにしても、終演後ステージに呼び出されなかったバンダも含め、良くぞこれだけの陣容を東京から引き連れてきたものだ(さすがにバンダは関西圏のエキストラか)。終演後は最終新幹線に間に合わないのだから、当然ながら全員、大阪に一泊していることになるはず。さすが読響というところか。

 

プロコフィエフは、その音楽史上の重要な位置づけを理解した上でも、これまでほとんど聴いてこなかった作曲家。フランスのラベルとともに、どうにも感性に合わないというか聴いても面白くも楽しくもない。この日も、その思いを新たにした限りだった。

 
読響_大阪定期_第17回_20170626

2017623日 大阪フィルハーモニー第509回定期演奏会 1日目

 

フェスティバルホール

1階中央ブロック15

 

ファリャ: バレエ組曲『恋は魔術師』 1925年版

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲

   ―― アンコール  ショパン:マズルカ 63-2

ストラビンスキー: バレエ音楽『ペトルーシュカ』1947年版

 

指揮:   準・メルクル

ピアノ: ニコラ・アンゲリッシュ

 

またも演奏会記録の書き溜めをしてしまった。大阪フィル509回定期、読響第17回大阪定期、ザ・タローシンガーズ第22回定期、ドレスデン・フィル芸術劇場演奏会、関西二期会のサロンオペラ“カルメン”、シンフォニーホール・ビックバンドVol.6について、順次アップします。昨日聴いた、バーンスタイン“ミサ”は、後日あらためて時間を置いて記します(あまりに衝撃が大きすぎた)。

 

久しぶりに妻を誘っての大阪フィル定期。妻の座席確保のために演奏会数日前に大フィル・チケットオフィスに電話をしたら、なんと私と同じ中央ブロック15列の席が手に入った。少しだけ上手よりでピアニストの手が見づらいので、定期会員席を妻に譲って、わたしはこちらの席で聴くことに。

 

“ペトルーシュカ”は演奏難易度が高い割に派手さに乏しいからなのだろうか、3大バレエの中では演奏頻度が少なく“春の祭典”はここ数年で6度(大阪フィルだけで定期2回、都合4回)も聴いているのに対して、この曲は3年ほど前の大阪交響楽団の定期で聴いた以来。とにかく準・メルクルの采配が際立った演奏会。管楽器のソロも好演。

 

この記事を書いているのは715日で演奏会からすでに3週間も経過してしまった。ラフマニノフはそれぞれの変奏において感じたり思ったりしたことなど、まったく忘却の彼方。“過度なロマンティシズムやエモーショナルな表現を求めない比較的中庸な演奏だった、といった記憶しかない。う~ん、やはり、演奏会の記録はその日のうちに書きとめなきゃいけないなあ。まったく思い出せない。

大阪フィル_第509回定期_20170623

 

2017622日 関西フィルハーモニー管弦楽団 第284回定期演奏会

 

大阪ザ・シンフォニーホール

オルガン席Z

 

ブラームス :悲劇的序曲 作品81

ブラームス :ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77

― アンコール :J.S.バッハ 無伴奏パルティータ第1番 

 

シューベルト :交響曲第5番 変ロ長調

― アンコール  ビゼー:アルルの女第1組曲“アダージェット”

 

指揮   :オーギュスタン・デュメイ

ヴァイオリン : 郷古 康

 

廉価なオルガン席も、かつてはX列真正面から指揮姿を眺めるのが楽しくてたまらなかったけど、最近はもっぱらZ列がお気に入り。特にこの日のシューベルトにように金管が入らず木管セクション7人(うちHr. 2)と弦楽5部のシンプルな編成の曲を聴くときは、管楽奏者からもかなり距離ができてサウンド的には申し分ない。デュメイの息づかいがそのまま奏者に伝わっていくのが直に感じられる。ただしコンチェルトを聴くには不適な場所。音がマスクされたように聞えるピアノほどではないにしろヴァイオリンソロのニュアンスまでは感じられない。

 

実のところ、デュメイが振るコンサートは演奏される作品の時代性に関係なく、いつも無理の無い自然体の音楽作りで、聴いていて“疲れない”。では心地よい感動に満たされるか、というとこれまたそうした経験もない。恐らくコンチェルトが一番の聴きものだったはずだけど、尖ったところも、指揮者とソリストの丁々発止の掛け合いといった趣を感じることが無い。ただし、きっとそれはオーケストラ後ろのオルガン席だったからなのだろう。

 
アンコールは、デュメイが振るときの定番、アルルの女のアダージェット。

それにしても席が良く埋まっている。2回席後方から周囲のバルコニー席まで含めてほぼ9割近い入り。


関西フィル_第284回定期_20170622

このページのトップヘ