あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2017年02月

2017221日 『世界における我が国オーケストラのポジション』 アメリカ・英国・オーストリア・フランス・日本の音楽評論家によるシンポジウム

 

メールで氏名と勤務先を伝えて事前申し込みをおこない、文化庁と日本オーケストラ連盟主催のシンポジュウムを聞かせていただいた。場所は、岸里にある大阪フィルハーモニー会館。勤務先からは地下鉄で15分ほどの距離なので、夕方普通にオフィスを出てからでも6時半からのシンポジウムの後半セッション “世界における我が国オーケストラのポジション” に間に合う。

 

アメリカ・英国・オーストリア・フランスから著名な音楽評論家を招いて、N響(2/12定期)、広響(2/16定期)、九響(2/17定期)、大阪フィル(2/18定期)、アンサンブル金沢(2/19セビリアの理髪師公演)を聴いた後、日本人評論家も交えて“世界における我が国オーケストラのポジション”をテーマに語ってもらう、というもの。この2ヶ月ほど、いくつかのコンサート会場で無料配布されていたリーフレットに『率直に、実のところを外からの耳目によって、更なる成果を客観的に認識し、更なる進化を深める』と、なんだか分かったような、分からないような “いかにも” なお題目が示されているが、やれ税金をそんなことに使って何が得られるの?などとムズカシイことは一切考えずに、一音楽ファンとして楽しんで聞かせていただいた。このシンポジウムの内容は報告書として冊子化されるようなので、大阪フィル定期会員として大阪フィルに関してのコメントのみをメモを頼りにまとめ記しておく。

 

特に(ショスタコーヴィチの)11番に感動した。冷たく残虐であったが、この曲はそうでなければならない。指揮者(井上道義)はすばらしい。ウィーンの人にも紹介したい。

― ウォルフガング・シャフラー氏 ドイツ ユニバーサル・エディション国際宣伝部長

 

演奏に圧倒された。フェスティバルホールの大阪フィルの音はシカゴ響を思い出させた。あのような荒々しく、苦痛を感じさせる演奏こそ良いコンサートである。アメリカではショスタコーヴィチを演奏することは“コミュニストのプロパガンダ”と捉えられがちで、11番は演奏されるが12番が演奏されることはない。大阪フィルのようなコンサートが米国でも出来ればよいと思った。

― ポール・ペルコネン氏 アメリカ  音楽ジャーナリスト・評論家

 

大阪フィルのパワフルな弦に圧倒された。ppからffまで幅広く、残虐なトゥッティでもとても音楽的だった。(大阪フィルに限らず、今回聴いたどのオーケストラも)弦セクションは欧州的で、一方トランペットは米国的で強すぎた。ショスタコーヴィチを演奏する場合はそれが良い結果を生むが、たとえばメンデルスゾーン(2/17の九州交響楽団)では音が大きすぎる。

― クリスティアン・メルラン氏 フランス フィガロ

 

なお、3名の当時通訳者が交代で日英、英日の通訳を務めていたけど、クオリティに差がありすぎた。最初に岡部信一郎氏のコメントの英訳を担当した方などは、氏の発言の半分程度を何とか英語にしたものの、文章として成り立たずで、おそらく通訳を聞いていた外国人パネリスト4名は氏が何を言っているのかさっぱり分かっていなかったはず。彼らは全員意識してゆっくりと聞き取りやすい英語でしゃべっていたのに対し、岡部氏は普通にしゃべり倒していたけど、それでもちょっと・・でしょ。

 
シンポ2_取り直し

シンポ3_修正



2017217日 大阪フィルハーモニー第505回定期演奏会 1日目

 

フェスティバルホール

1階 定期会員席

 

ショスタコーヴィチ: 交響曲第11番 ト短調『1905年』

ショスタコーヴィチ: 交響曲第12番 ニ短調『1917年』

 

指揮:井上 道義

 

まったくなんて挑戦的なプログラムなことか。重量級の11番と12番を連続して(たとえ20分の休憩を挟んだにしても)演奏するなんて普通の指揮者では思いつかないだろうし、きっとオケか事務局からダメだしが出そう。おそらく一年前に年間定期プログラムを構成する時点では今期末退任は想定外だったにせよ、首席指揮者を3年勤め上げた井上道義の強烈な思いが十分に伝わった迫真の演奏だった。12番エンディングの後、いつものようにタクトを下ろしたあとすぐに客席に向かって振り返り やったぞ~と叫んだようだったけど(口元をみてそう思った)、聴いているほうも おう、やりきったなぁ!” と心の中で叫び返してしまった。

 

11番は弦アンサンブルがすばらしい。曲冒頭、宮廷前広場のテーマがヴァイオリンに続いて中低音パートをほんの一瞬の間をおいて重ねていくことで生まれる空虚な響きの見事なこと。先日の “Enjoyオーケストラを振った角田鋼亮との指揮者としての格の違いをまざまざと気づかされる。ただし第3楽章練習番号99からヴィオラがトゥッティで革命歌 同士は倒れぬを歌うところでは、このオケの限界を露呈してしまった感もある。前後のプルトで意識が統一されきっていないので、旋律の扱いが一致しておらず一本の線にならない。ビブラートの強さとタイミングのズレはかなり問題で、日ごろから撫でるように弾く後ろの奏者は拍の頭からビブラートをかけているのに対してトップ2名が拍の後半で思いっきりビブラートをかけて揺らすと音が一気に濁ってしまう。明日の2日目はこの箇所がどの程度修正されてくるのだろうか?

 

後半の12番は大フィルサウンドの魅力全開。チェロとベースに支えられた分厚く重い弦。前半で降りていた実力ある首席がトップを担ったブラスセクションも非常に充実。最終楽章のコーダ、連続した3/44/5が挟まったリズム進行は、やはり実演で聴くと歓喜などではない不思議な高揚感に見舞われる。両曲ともCDの廉価販売が始まった15年ほど前に複数の交響曲全集を買い集めて一気聴きして以来だけど、11番2楽章の銃乱射の惨劇の描写の箇所など、たとえばロジェストヴェンスキーのような演奏を聴かされたとしたら、とてもじゃないけど立て続けに12番を聴くことなど出来ないだろう。やはり11番と12番を一夜で演奏するなんて今の井上道義と大阪フィルでしか出来ない。

 

7月のバーンスタイン“ミサ曲”の井上道義直筆の舞台イメージ図がロビーに展示してあった。オーケストラの大部分がピットに入るみたいだ。どうやら2階最前列の席を購入して正解だったみたい。



大阪フィル_定期505回

大阪フィル_バーンスタイン_ミサ曲



2017
29日  大阪フィルハーモニー Enjoyオーケストラ ~オペラの名曲でみるクラシックの愉しみ~

 

ザ・シンフォニーホール

2BB

 

モーツアルト    : 歌劇『フィガロの結婚』序曲

ロッシーニ      : 歌劇『セヴィリアの理髪師』序曲

ヴェルディ      : 歌劇『シチリア島の夕べの祈り』序曲

ワーグナー      : 楽劇『ニュルンベルグのマイスタージンガー』第一幕への前奏曲

プッチーニ      : 歌劇『マノン・レスコー』間奏曲

ビゼー          : 歌劇『カルメン』第1、第2組曲より

                  ~ 闘牛士、第1幕への前奏曲、ハバネラ、闘牛士の歌、間奏曲

                    密輸入者の行進、アラゴネーズ、ジプシーの踊り ~

   ――アンコール  オッフェンバック: オペレッタ『天国と地獄』序曲から“カンカン”

 

 指 揮          角田 鋼亮

 

一昨年10月に“Part 1”、そして昨年3月に“Part 2”と大友直人を指揮者を迎えての大阪市助成による入場料1,500円のこのコンサートも、今回は “Part3” とタイトルされることなく、趣向もありきたりな青少年向けの“入門コンサート”然としてしまった。それでも舞台上に幼稚園から高校生までの希望者を乗せて(100人以上はいた)演奏を聴く名企画は健在で、今回は前半最終曲の"マイスタージンガー前奏曲“がその対象曲。ティンパニの真横に立って演奏を聴いていた高校生が奏者になにやら質問していたり(ブラスバンドのパーカッション担当かな)、指揮台を取り囲むようにひざを組んで座った小学生達が、演奏の間中、ずっと指揮姿を凝視していたり。将来、彼らが大人になってもクラシック音楽をなんの抵抗無く気軽に聴くようになることを願わずにいられない。これは本当にすばらしい企画だ。

 

昨年大阪フィルの指揮者に就任した角田鋼亮はデビューのソアレ・コンサートを都合で聴きに行けなかったので、演奏(指揮)を聴いたのは今日がはじめて。1980年生まれのこの若手指揮者は、達者なしゃべりでシャープな印象をもったけど、指揮自体はまだまだ、所謂“もっと研鑽を積んでいただきたい”というところ。前半のモーツアルトもロッシーニも、さらに3曲目のヴェルディになっても、曲の出だしを揃えられない。ゲストコンマスに加え、おそらく“それなり仕事”で臨んだオケメンバーだったにしても、それを統率するのが指揮者の仕事。来期は井上道義の路線不一致?による退任(更迭か?)で空いた定期枠でマーラー1番を振るけど、そこで実力を見せてもらいたい。

 
Enjoyオーケストラ_20170209




2017
25日 広島交響楽団 福山第23回定期演奏会

 

福山リーデンローズ

1階R261

 

ベートーベン: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

ドヴォルザーク: 交響曲第8番「イギリス」

-----アンコール---- ヘンデル(ハーティ版):水上の音楽 “アラ・ホーンパイプ”

 

指揮: 大友 直人

ヴァイオリン:川久保 賜紀

 

今年も妻を誘って福山芸術文化ホールのリーデンローズで行われた広島交響楽団の福山定期演奏会を聴く。

 

特に弦パートが昨年の定期(201627日)のブログで記した感想の通り、大阪のプロ団体に勝るとも劣らない充実した厚みのあるアンサンブルで、ドヴォルザークなど実力十分の管セクションと一体となった隙の無いみごとな演奏。私の席では間接音中心の豊潤な弦に対して木管の直接音が少々大きく聞えすぎるきらいはあったけど、おそらく一階席前方だったらきっとパーフェクトだったに違いない。1st Trを務めたエキストラの女性奏者、上手かったなあ。

 

ベートーベンのVn協奏曲は、私的“寝落ちする曲”の最右翼。ヴァルティオーゾ的な華やかさやドラマティックな展開があるわけではなく、相当に魅力的な(もしくは個性的な)演奏でもない限り、つい睡魔に負けてしまう。チケットぴあ発売開始早々にネット申し込みしたにもかかわらず1階席後方の席だったため、豊かなホールトーンに浸りながら全曲を聴き終えたのもの、妻の終演後、開口一番の感想は『なんで、みんな眠たくならないの?』だった。

 

閑話休題  == 音楽とまったく無関係な話題を ==

 

サウスカロライナのクレムソン大が先日の全米王者決定戦で、試合終了2秒前のTDパスによる奇跡の大逆転でアラバマ大を打ち倒し悲願のナショナルチャンピオンになった。二昔前、オフキャンパスに家族とともに5年間過ごした土地だけに感慨ひとしお。8万人収容のメモリアルスタジアム(通称DeathValley)にはよく試合を見に出かけたものです。応援曲Tiger Ragが無性に懐かしい。

広響_福山_第23回


stadium_500

2017127日 ザ・シンフォニーホール・ビッグバンド Vol.4

 

大阪ザ・シンフォニーホール

2階EE

 

Music Director 菊池寿人

Special Gust:加藤 ヒロユキ

 

プログラム

Oh So Docks Swing

Begin the Beguine

I know Why

American patrol

Moon River

Caribe

 

New York, New York

思い出のサンフランシスコ

ゴッドファーザー“愛のテーマ”

Volare

幻想即興曲

Spain

  アンコール   Amazing Grace

                   LibertangOn Fire

 

昨年9月のVol.3は大阪不在の週末のため聞き逃したので、この待望のシリーズも今回が3回目。残念ながらVol.1やVol.2のときのようなワクワク感に乏しい。 プログラム最後のSpainもアンコールのLibertang On FireVol.2と同じだし、少々マンネリ気味。

 

後半にキャスティングされた、ささきいさお似の甘ったるい声のゲスト歌手は、ジャズシンガーでもなし、日本人英語でNew York, New Yorkや思い出のサンフランシスコを歌たったあと、まるで自分のステージと勘違いしたかのような立ち振舞いで、“『今日のためにアレンジしていただきました』といいながら次曲を紹介するおい、あんたのステージ聴きにきたんじゃね~よ!”と声に出さずに突っ込んでしまった。

 

次回Vol.5に期待。

ザシンフォニーホールビッグバンド_20170127

2016126日 関西フィルハーモニー Meet The Classic Vol.34 いずみホール

 

いずみホール

1B列中央 

 

ルロイ・アンダーソン:舞踏会の美女

千住 明: 黄金の海

富田 勲: 新日本紀行 (大嶋大輔編)

富田 勲: 武士の一分 (藤原 道山編)

坂本 龍一: SevenSamurai (三宅 一徳編)

藤原 道山: 東風 (三宅 一徳編)

――アンコール  アメイジング・グレース

  

チャイコフスキー: 交響曲第5番 ハ長調

――アンコール  “ダニーボーイ”

 

指揮: 藤岡 幸夫

尺八: 藤原 道山

 

若かりし頃に10年あまり尺八を習っていたこともあって、大変興味そそられる前半のプログラム。席は、最近いずみホールでオーケストラを聴くときに好んでチョイスする最前列中央で、尺八ソロの目の前。Meet The Classic幕開け定番のルロイ・アンダーソンの小曲が終わったあと、斉藤道山が6本もの“竹”を小脇に抱えるようにして現れたことで目が釘付け。“八寸管”と“六寸管”と“一寸管(2尺一寸)”とぉ…う~ん、あと3本はなんだぁ? 音色で“竹”を持ち換えるのかぁ?”と興味津々で眺めていると、どうやら14寸管から二尺4寸管までを取り揃えていたようで、最終曲までに全管を使い切った。

 

藤原道山の尺八は、ナチュラルな音色でとにかく音程が正確。洋楽とあわせる際の最大の弱点になるメリ音を、ピッチを狂わすことなくしかも音量をまったく落とさずに吹けるなんで実にすごい。こんなにも確かな耳を持った尺八奏者がお琴と三弦との三曲合奏をしたら、ピッチのズレに耐えながらの演奏を許せるのだろうか?

 

後半のチャイコフスキーも面白かった。指揮者が煽るものだから、弦は全員ゴリゴリで、コンマスよりも2ndプルトのほうが音量が大きかったりするなどバランスを少々無視したかなり爆演志向の演奏。ただし藤岡幸夫はいつもしゃべりすぎ。定期演奏会ではないにしても、後半開始前にまたマイクをもって5分近くの前説は長い。自分の曲に対する思いや個人的価値観を語られて余分なバイアスを持って聴かされるのは勘弁してほしい。“この曲の勝利を掴もうとしてつかめない狂気を伝えたい” とか、“異常さの例として終楽章の楽譜指示(たぶん展開部205小節目の1st Vn に対するferoceのこと)”を演奏前に語るのは不要なこと。

関西フィル_MeetTheClasic_Vol34_20170126

 

2017115日 チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル ザ・シンフォニーホール公演

 

ザ・シンフォニーホール

2階 AA

 

ベルク                  : ピアノ・ソナタ ロ短調 Op.1

シューベルト       : ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D958

ショパン              : 24の前奏曲 Op 28

――― アンコール             シューベルト     ; 楽興の時 第3

                                                 ショパン              : バラード 第1

 

2時間ほどの演奏会の間、2階席最前列の席からステージ上のチョ・ソンジンの姿に目を落とすことなく、ずっと正面パイプオルガン方向のホール空間を見つめながらじっと聞えてくる音楽に耳を傾けていた。弾けもしないピアノについて、音色がどうの、タッチがどうのなど皆目まったくわからないが、ホール空間に満たされた音は、他にピアニストのリサイタルでの響きとは明らかに違う。ダイナミズムに満ち、よどみなく歌い、消え行く音に濁りがまったくない。ピアノ・リサイタルでこんなに感動と興奮を覚えたのは久方ぶり。プログラム終了後、熱狂的な拍手とともに多くのブラボーとスタンディングオベーションが送られていた。

 
チェソンジュン_20170115

2017114日 東京交響楽団 第648回定期演奏会 サントリーホール

 

サントリーホール

1階 8

 

メシアン              : 交響的瞑想『忘れられた捧げ物』

矢伏秋雄              : ピアノ協奏曲

   ―― アンコール  メシアン: 前奏曲集から『鳩』

フローラン・シュミット: バレイ音楽『サロメの悲劇』

 

指揮 : 秋山 和慶

ピアノ: 小菅 優  

 

無調音楽や不協和音の連続する所謂“現代音楽”は、どうにも苦手。数年前の大阪フィル定期で聴いたペンデレツキ『広島の犠牲者に捧げる哀歌』でのフルオケによるクラスターなどとなると耳に入る音にひたすら耐えるしかない。

 

---- 昨年放送のタモリ倶楽部“前衛すぎて理解し難い現代音楽”の回(本家テレビ朝日では92日放送だったらしいけど、私の地元では年末12月に録画放送された)で、譜面とピアノ演奏による説明を見てクラスターの意味を始めて知った。----

 

この日のプログラム、前半のメシアンも矢伏秋雄も私には苦痛でしかない。後半のフローラン・シュミットも私には向かない。それでも東京滞在を延長して時間つくり、それなりのチケット代を払って(さらに今回は、翌日午後のチェ・ソンジンを聴くために、猛烈な寒波のなか最終新幹線で大阪に移動することを覚悟で)ホールに出かけるのだから、私もなかなかたいした音楽好きだと思う。リニューアルのために半年間休館するサントリーホールに何とか出かけることができた、という事で良しとしよう。

 

それでも懲りずに714日の井上道義・大阪フィルによるバーンスタイン『ミサ曲』(ふる編成のオケと混声合唱、児童合唱に加えてロックバンド、マーチングバンド、ストリートコーラスまで加えた200人がステージに乗るらしい)のチケットを確保したし、また1123日にカンブルラン・読響がわざわざ琵琶湖ホールで公演するメシアンの『アッシジの聖フランチェスコ』(演奏に4時間半もかかるらしい。)を是が非でも聴き行きたいと思っている。やはり、我ながらなかなかの音楽好きだ。

東京交響楽団_648回定期_20170114

2017114日 新日本フィルハーモニー交響楽団 アフタヌーンコンサート すみだトリフォニーホール

 

すみだトリフォニーホール

1階 12

 

アイヴス              : 答えのない質問

バーンスタイン    : 交響曲第2番『不安の時代』

   ―― アンコール  ガーシュイン: ブルーララバイ

コープランド       : 市民のファンファーレ

バーンスタイン    : ウェストサイド・ストーリーより『シンフォニックダンス』

   ―― アンコール  ストラビンスキー: サーカスポルカ

指揮:ヤク・ファン・ステーン

ピアノ: 江口 玲  

 

錦糸町にある、すみだトリフォニーホールは今回が初めて。購入した112列は申し分ない席位置でシューボックス型の豊かな響きを楽しむことができたけど、“クラシック音楽を聴く”という日常から離れたひと時を楽しむことにはまったく不向きな場所にある。JR錦糸町駅駅前からホールまでの道筋は音楽へ誘うプロムナードといった趣きなど皆無だし、ホール内はいかにも自治体行政機関のオペレーション然としている。せまっくるしい北斎カフェはガラス越しに高層マンションのような建物が近距離に見える(西宮の芸文センターKOBELCOホールのカフェもガラス越しの眺めは酷いが、北斎カフェはもうカフェと呼べるレベルではない。)

 

『答えのない質問』は “えっもう終わり?というのが率直な感想だったし、『不安の時代』など、パンフレットに記載された曲解説を眺めながら聴いていても、何がなんだかわからないまま、少々退屈を覚えながら音を追いかけていた、とういうのが正直なところ。大好きな後半の2曲になるとかなり楽しめたのだけど、それでも『シンフォニックダンス』は、(一昨年の大阪フィル定期の演奏ほどでは無いにしろ)クラシック演奏家による生真面目さから抜け出ることなく面白みがない。やはりこの曲、スイングしなきゃ。

 

と、なんだか不満ばっかりの日記になってしまったけど、この演奏会で一番の“おっ!”は、2階に向かっての階段途中に新日本フィル所有のワーグナーチューバが展示されていたこと。

 
新日本フィル_トリフォニー_20170114


すみだトリフォニーホール_ワーグナーチューバ



このページのトップヘ