あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2016年10月


2016
109日 ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場管弦楽団 兵庫芸術文化センターKOBELCOホール

 

兵庫芸術文化センター KOBELCOホール

1X列 

 

プロコフィエフ: 古典交響曲 ニ長調

ショスタコーヴィチ: 交響曲第9番 変ホ長調

ストラヴィンスキー: 『春の祭典』

 

―― アンコール 

メンデルスゾーン: 真夏の夜の夢 “スケルツォ”

ストラヴィンスキー: 組曲『火の鳥』から“子守唄”と“終曲”

 

指揮:ワレリー・ゲルギエフ

 

昨日、京都のローム・シアターでマリインスキー歌劇場によるエフゲニー・オネーギンの公演のあと、今日は西宮で“春の祭典”をメインに置いた唯一のプログラムを行い、明日2時からは東京文化会館でドン・カルロ初日公演に臨むのですから、SuperというかTougherな指揮者とオーケストラですよね。終演後、楽屋出口にチャーターバスが数台、横づけされていました。

 

その京都と東京のオペラ公演に挟まれた一日だけのプログラムですので、恐らく短時間でさらっただけだったはずなのに、ショスタコーヴィチもストラヴィンスキーも指揮者の意図に完全に答えた見事な演奏。ロシアのオケと言えば、例えば昔のレニングラードフィルを聴いたときのようなゴツゴツした音やベルのめくれ上がったようなプラスの響きといった旧ロシア時代のあか抜けないサウンドイメージがいまだにつきものだけど、少なくともこのオーケストラには皆無です。別に“ロシアものはロシアのオケで”とは思わないけど、常日頃から自国の作曲家をプログラムのメインに据えているからこそ、強硬ツアーでも一日だけの“春の祭典”を演奏できちゃうのでしょうかそれにしても、ピアノを弾くかのようにひらひらさせた指の動きもよく眺めていると、“う~ん、すごい”と唸ってしまうほど見事なもので、拍を取る腕の振りと合わせて見事にオーケストラにキューを出しています。生贄の踊りの最後の最後、“こんな音の構成でございます”と解説してくれたかのような、超スロー演奏など、“うわっ、すげえ”と唸っちゃいました。

 

自治体の手厚いサポートがあってかチケット代は東京よりはるかに割安だけど、このホールはオーケストラを聴くにはまったく不向きで、個人的には東京文化会館などのほうがまだずっと良い。購入したX列はA席ながら二階席が完全に頭上に被ってしまい、遠くの舞台上で鳴っている音を聞きに行く感じで、音が席まで飛んで来ないし、“春の祭典”ですら曲中でもホールが鳴らない。しかも、そのステージの音を“聞きにいっている”最中(ストラヴィンスキーの第2楽章)で、後方1C扉から杖を突いた老人が音を立てながら入場して来たり、“春の祭典”開始早々にその1C扉付近で缶か何かを転がしたような音を立てたりで、どうにも“聞きにいく”ことを妨げられる。ついでにホールマネジメントについて“愚痴”を書いちゃうと、“春の祭典” 開始直前にスーツ姿の男女が1C扉から入ってきて “一緒にすわってもいいですか?” “いいよ、好きなところにすわりなよ” “じゃ、私、前に座ります” てな、会話をしながら女性が私の列にきた。おいおい、スタッフなら観客に意識されないように最後列でこっそり聞きなさいよ。お金出して聴きに来ている方に失礼でしょ。

 
ゲルギエフ_芸文_2016年10月


2016
年10月6日 メータ指揮 ウィーン・フィルハーモニー フェスティバルホール

 

フェスティバルホール

1階ボックス席D-5 

 

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調 『リンツ』

ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 (ノヴァーク版)

 

指揮:ズービン・メータ

 

いつかブルックナーの7番をウィーン・フィルの演奏で聴いてみたい、との願いがついに叶いました。今年のジャパン・ツアーで同曲を演奏するのは、今夜の大阪フェスティバルホールと10日のサントリーホールの2夜のみという限られた公演機会のなか、奇跡的にも中央ブロック・ボックス席に座ってとびっきりの体験することができました。2週間ほど前にフェスティバルホールのサイトを覗いてみると、なんとBOXD5番が購入可でなないですか。大阪フィルの年間定期券と同じくらいの値段ですが躊躇なしに買っちゃいました。

 

リニューアルしたフィスティバルホールでそれなりの回数オーケストラの演奏を聴いていますが、ウィーン・フィルの音と響きは他のどのオーケストラとも明らかにまったく違いますね。大阪フィル定期会員席は今夜のボックス席と非常に近い位置ですので、図らずしもオーケストラの格の違いをまざまざと思い知らされます。ウィーン・フィルを大阪フィルと比べちゃいけない?ごもっともです。

 

モーツァルトもブルックナーも、曲の出だしからエンディングまで、どこをとってもウィーン・フィルの音がします。ブルックナーの息の長い旋律をふくよかな音色で、まったく乱れることなく弾いて聴かせる弦パート、最強奏でも決して尖ることなどないブラス。特にウィンナホルンの渋く温かみのある独特な音色やメローな響きのトランペットの素敵なこと。ああ、本当に極上の時間ですね。聴いていて思いました。“今夜のチケット代は少しも高くない!”

 

実のところメータの振るブルックナーがどんな音楽になるか想像がつきませんでしたが、今夜の演奏についていえば、一切の不満などない“大満足”の一言。作為的に運ぶようなところなどまったくなく、比較的ゆっくりめなテンポ運びでひたすら自然な音楽の流れを形作っていた第3楽章までに対し、終楽章は曲の持つ推進力を高めるがごとく少しだけギアを上げて、構成上のひ弱さを感じさせない。もっとも各楽章終わりのたびに腕時計に目をやり記憶した楽章ごとの時間は21分、20分、10分、12分でしたので(演奏が755分ジャストに始まったのでカウントしやすかった)、特段に第1楽章が遅いわけでも、終楽章が早かったわけでもないですね。

メータ・ウィーンフィル


2016930日 関西フィルハーモニー いずみホールシリーズ Vol.40

 

いずみホール

1階 3列目中央

 

シベリウス:悲しきワルツ

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調

  ―― アンコール  パガニーニ:24のカプリース OP1より第13番 ト短調

シューマン:交響曲第4番 ニ短調

  ―― アンコール  ビゼー:アルルの女第1組曲“アダージェット”

 

指揮:カチェン・ウォン

ヴァイオリン: 内尾 文香

 

週末帰省と週明けの東京出張用の書類やらを詰め込んだ旅行バックを引っ張って会場に飛び込んだのは、なんと開演予定時間を1分過ぎたところ。インカムを付けた案内係の方に導かれてどうにか席に着くと、まさにオケメンバーがステージに上がってくるところです。チューニングが終わり、さていよいよ指揮者デュメイを待って下手を注目していると、なんだかまったく風貌の異なる整髪をし忘れたようかのような、あまり“見た目爽やか”とは言えぬ人物が現れて指揮を始めるではないですか! “あれ!どうしたの?”と思い会場入りの際に手渡されたチラシに目を落とすと、デュメイ急病により指揮者が変更した、とのこと。

 

今日のチケットをWEBで購入したのが演奏会の一週間前の23日ですが、どうやらその数日後にデュメイ出演取止めが決まったようです。“悲しきワルツ”を耳にしながら“おいおい、なんてこと!ディメイが振らないの分かっていたらチケット買わないぜ。”と正直なところ思ったし、もしコンチェルトが聴くに堪えなかったら、1楽章で席を立って早目の新幹線に変更して帰省を早めるつもりでした。

 

カチェン・ウォンは、真近にみていると(今回購入した席は指揮者の目の前3列目)たとえば一拍前に的確にキューを出すといったことなく、ややもするとクラシック好きがスピーカーの前でCD聞きながら“なりきり指揮真似”をしているような指揮ぶりで、決して器用な指揮者ではなく、例えばブザンソン指揮者コンクールに優勝した直後に見た山田和樹のような衝撃もなし。シューマンの交響曲も暗譜で振りきったけど、むしろオーケストラメンバーが“ディメイ病欠の演奏会をぜったに失敗させまい”との気概で乗り切った演奏でした。

 

この夜、初めて聴いた芸大2年生のヴァイオリニストの演奏は、少々辛口に書けば、曲の持つ独特なひんやりとした冷たさとか、リズムやフレージングの扱いはさらに掘り下げようがあったように思うけど、少なくとも “途中で席を立って帰る” なんて傍目に失礼千万なことなどすること全く無用な、とても立派な演奏でした。

 

ところで“なりきり指揮真似”と言えば私の前にお座りの方(最前列は客を入れていなかったので、事実上の最前列席)が、両手を大きく振り上げて指揮真似をするのにはまいりました。シューマンの第1楽章の途中でお隣の席に方に諭されて一度止まったものの、またも“なりきり指揮者”です。どうかそういった楽しみは、ご自宅でお願いしますよ。

 40


2016
年9月27日 大阪フィルハーモニー第502回定期演奏会 1日目

 

フェスティバルホール

1階 定期会員席

 

モーツァルト:交響曲第25番 ト短調 K183

マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

 

指揮:エリアフ・インバル

 

勤務先オフィスが8月に難波から堂島に移転したことで、フェスティバルホールまで徒歩5分となり、645分まで仕事をしていても余裕で開演に間に合います。オフィス移転の事実上の責任者だったことで、職場の同僚から “自分の趣味に合わせて移転先を決めたでしょう?” と冷やかされました。福島のシンフォニーホールまでもタクシーワンメーターの距離になったけど、一方でいずみホールへは地下鉄を3路線乗り継ぐ羽目になり、今まで以上に時間がかかるようになってしまいました。(この日記を週末に書いていますが、昨日金曜日の関西フィルいずみ定期はおかげで開演ギリギリに席に飛び込んでしまった)

 

さて、演奏。まず、一言 “下手くそ。ビッグネーム、インバルを呼ぶに値しない” 。 1曲目のモーツァルトの25番は、指揮者の音楽の運びが作品の持つ激しさや抑揚を特に強調することもなくあまり面白味がなかったのだけど、とにかく演奏の酷いこと。12型の弦は縦の線がバラバラだし、4本のHrの情けないほどのクオリティーには非常にがっかり。契約上の理由なのか知らないけど、近年加入の実力ある奏者はいつもの通り “降り番” で、目を閉じて意識的にフィルターをかけてホルンの音を聴かないようにしなければならない、今日のように古参とエキストラによる演奏を聞かされるのは、実につらい。

 

後半のマーラーは、さらに大阪フィルの合奏力の低さを露呈させた演奏で、定期公演は3日間しっかり練習したはずだから、指揮者からの意識伝達は十分になされたはずなのに、開始早々から“ええっ、そんなテンポで振るの?練習と違うじゃない!”とでも叫んでんじゃないのと思わせるようなドタバタぶりで、冒頭Trソロの事故は仕方ないにしても、最後までアンサンブルは乱れっぱなし。6月の読響の演奏と比較するのがそもそも間違いなのでしょうかね。Hr.高橋さんの3楽章Corno Obbligatoが唯一の救いかな。終演後、さすがにこんなにもズダボロな演奏をしたためか、いつもの出口扉での"お見送り"なし。

 

翌日2日目のチケット(2階L5列)も購入していたのだけど、急遽社用の会食が入り、演奏会当時にやむなくお隣の席にお座りの定期会員の方にお譲りしました。2日目の演奏はどうだったのでしょう?インバルさんの来演は今年の大阪フィル一番の目玉イベントだったのでとても残念ではありますが、今日のような演奏をまた聴かされなくて済んだかも・・・とも思わないでもない。どうか大阪フィルさん、可能な限り二日続けて聴きに出掛けるほどの熱心な定期会員に “買ったチケットで聴きにいかないほうが良かったかも・・” などと思わせないでください。

大阪フィル_502回定期

このページのトップヘ