あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日記

2015年10月

20151030日 関西フィルハーモニー管弦楽団 第269回定期演奏会

 


大阪ザ・シンフォニーホール

P(オルガン)席

 


シベリウス:交響曲第6番 ニ短調

吉松 隆:ドーリアン 作品9

吉松 隆:サクソフォン協奏曲「サイバーバード」作品59

アンコール曲 ―不明

 


素晴らしい演奏会でした。ハイシーズンの10月定期演奏会に、有名曲で観客に媚びることなく定期演奏会でこそ聴かれる価値のある選曲をした事務局と藤岡幸夫さんに感謝するとともに、ドーリアンのような超難曲も含め全3曲を演奏しきった関西フィルに改めて拍手を送りたい。大阪フィルがフェスティバルホールでマーラー3番、7番やショスタコーヴィチ7番などを定期演目に置いているなか、他在阪オケは本日のような演奏会を聴かせてくれてこそ存在意義を示せるはず。

 


前半のシベリウスは弦の数を減らしてアンサンブルの精度を高め、透明感を求めたほうがよかったかもしれない。でもそんな不満げたことは、後半2曲で吹っ飛んじゃった。いつもはパンフレットの曲目解説に目を通すとこはないけど、ドーリアンについては、事前に作曲者ご本人記述の次の一文が聴くうえで大変役立った。

「曲は、変拍子現代音楽の元祖ストラビンスキーの〈春の祭典〉に始まり、プログレッシブ・ロック(EL&Pやイエス)やビックバンド・ジャズに進化変貌したあと、後半は能登の御陣乗太鼓からバリ島のケチャまでが絡むリズムの饗宴になり、それに前衛音楽風のランダムなサウンドが重なり、最後はシベリウス風〈ドーリア旋法の〉大コーラルで終わる」=パンフレットより転記= 

20分ほどの曲はまさのこの解説の通り展開していくのだけど、オルガン席からまじかに見た藤岡幸夫さんの指揮の巧みさと事故なく演奏しきったオーケストラに心の中でブラボーと叫んだ。

 


吉松隆さんは山下和仁さんソロのギター協奏曲『天馬効果』を通じて、“いろいろな楽器の協奏曲を書いている現代作曲家”程度の認識だったけど、昨夜の『鳥たちの時代』につづき、改めてこの方の偉大さを知った次第。さっそく氏の交響曲CDを購入することにしましょう。

 


ところで終演後にホール出口にアンコール曲目を伝える紙の貼り出しが無い。来期演奏会パンフを配布していたスーツ姿の男性に尋ねたところ『それがぁ、ソリストが勝手に演奏を始めちゃってぇ、我々もわからないんです~っ』との返事が返ってきた。おいおい、本当かなぁ?藤岡さんがソリスト3名の背中を押してアンコールを促していたし、パーカッションの山口多嘉子さんはハンドベルを手に握って袖からでてきていたから、アンコールは事前に予定されていたと思うのだけど。。。

関西フィル269

20151029日 大阪フィルハーモニー交響楽団 Enjoyオーケストラ part 1

 


ザ・シンフォニーホール

2階中央ブロック 1列目

 


J .シュトラウス:トリッチ・トラッチ・ポルカ

ベートーベン:交響曲第5番 第1楽章

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

吉松隆:「鳥たちの時代」より第1楽章“Sky”

ラベル:ボレロ

ルロイ・アンダーソン:舞踏会の美女 アンコール

 


指揮:大友 直人

 


普段あまりクラシック音楽を聴く機会の少ない人たちを対象とした大変すばらしい企画で、大阪市主催により入場料も1,500円(高校生以下は800円)と大変廉価にもかかわらず、二階席は4列目以降が空席なのは大変残念。高校生以下であればオーケストラの中に入って演奏を聴くことができる定番企画で、今年の対象曲を「鳥たちの時代」にしたのは秀逸。もし許されるなら私もオーケストラの中心あたりに座って耳をそばだてて聴きたかった。

 


ところで、演奏は主要メンバーを欠いた複数パートがオケ全体の合奏レベルを落としてしまっている。定期演奏会のような真剣さは全くなくベートーベンとブラームスはとにかく合わせているだけ。ボレロでは特に合奏力の弱さが露呈してしまう。1st Trbはあまり品を感じられないソロを吹き終わったあと、気持ちが大きくなったのかコーダ直前のユニゾンでは他(Tr. 1st Vn)と合わせる気もなくソロの時以上に品なくバリバリ吹くものだから曲終盤を粗雑にしてしまった。

エンジョイ

20151023日 日本センチュリー交響楽団 第204回定期 1日目

 


大阪ザ・シンフォニーホール

1階中央右ブロック

 


リムスキー=コルサコフ:組曲「見えざる町キテージと聖女フェヴローニャの物語」より1曲、第2曲、第3

ロドリーゴ:アランフェスの協奏曲

フランシスコ・タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出  –  アンコール

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 作品47

 


指揮:アラン・ブリバエフ

ギター:村治 奏一

 


今日の演奏会、全く満足できなかった。

若手で世界的人気のミロシュさんの演奏が聴きたくて1階の高額席を購入したのだけれど、体調不良とのことで来日がキャンセルされ代役を村治奏一さんが務めた。村治奏一さんも初めて聴いたのだけど、残念ながらミロシュさん代役としてはあまりに経験と実力不足。早いパッセージでは指が回らない、早いフレット移動箇所では音を飛ばしたままとにかく弾き続けて帳尻を合す、オケと息が合わない等々。。。

 


ショスタコーヴォチは、どうも指揮者の意図がピンとこない。第2楽章で(今まで私が聴いてきたどの演奏よりもどぎつく)テンポを変化さえてこの曲の持つ諧謔性の裏側にある冷たい感情をうまく表現して見せたのに、前後の楽章があまりにも淡泊なのはなぜなのだろう。またオーケストラもかなり雑なアンサンブルで、特にホルンとトランペットはアマチュアとさほど変わらない。そして最後の最後、どどめの一撃でバスドラムとティンバニがずれてしまう。実力の乏しいエキストラを大勢加えて大曲を演奏するのではなく、ハイドンマラソンのような有りようこそ、このオーケストラの存在意義なのだろうに。

 


閑話休題

10代から20代の10年間に尺八とラシックギターにかなり真剣に打ち込んでいた。その体験から ギターは不完全な楽器で、アンサンブルには全く不向きであるといまでも思っている。当時、プロのギター弾きですら、ポジション移動時に指で弦をこするノイズを ギターらしさと勘違いし、フレット移動や運指の不都合から生ずるを歌心にすり替えていたりすることに大変な違和感を覚えていた。そんな時に彗星のごとく世に現れたのが山下和仁さんだった。

 


氏編曲のベートーベンのVn協奏曲の手塚幸紀指揮、新日本フィルとの初演を新宿厚生年金会館(記憶が曖昧)に聴きにいったり、倉敷の大原美術館で行われたギャラリーコンサートで「展覧会の絵」エンディングの壮絶なラスゲアードでつけ爪が飛んでいくのを目の当たりにしたりと当時から熱烈なファンであり、今でもバッハの無伴奏バルティータの再録は愛聴盤になっている


山下和仁


20151020日 チョン・ミョンフン 東京フィルハーモニー交響楽団

 


サントリホール

2LDブロック

 


ヴェルディ:オペラ「椿姫」から

                            第一幕の前奏曲

                            ヴィオレッタのアリア「ああ、そはかの人か~花から花へ」

                            ジェルモンのアリア「プロバンスの海と陸」

                            ヴィオレッタとジェルモンの二重唱「天使のように清らかな娘」

モーツアルト:ドンジョバンニから二重唱「お手をどうぞ」 ― アンコール

 


マーラー:交響曲第1 番「巨人」

 


指揮:チョン・ミョンフン

東京フィルハーモニー交響楽団

ソプラノ:天羽明恵

バリトン:甲斐栄次郎

 


転職前の東京勤務時代に読響の定期会員だったとき以来、実に15年ぶりにサントリーホールでのオーケストラコンサート。いつも東京出張の際には、なにか聴きに行ける良いコンサートが無いものかとホールのWEBを探すのだけど、思い立ったときには主要オケの演奏会はすでに 全席完売になっているのが常で、今日のようにチケットを確保でき、また無事会議を終え開演までに会場にたどり着けたのは実にありがたい。

 


ホール紹介文によると、世界のビッグアーティストの今に焦点をあて、その音楽を多角的に捉え、披露する「サントリーホール スペシャルステージ」なのだそうで、今年はチョン・ミョンフンさんを迎えて、前日はソウル・フィルと共にブラームスの交響曲第4番をメインに、また明日、明後日はチョン・ミョンフンさんのピアノによるブラームスの室内楽を演奏するといった4日連続演奏会の第2日目となっている。

 


今回の連続演奏会は日韓国交正常化50周年記念とも位置づけられており、昨今の諸事情から特別な雰囲気を多少覚悟していたけれど、会場入りしてみるとそういったものものしさは皆無で少しほっとしたのと同時に、チケット完売とはほど遠く7割程度の入りで少々拍子抜けした。今日の演奏会は東フィルホームページのコンサートカレンダーには記載されていなかったし、特別イベントということでS12,000円は普通の国内オーケストラの演奏会としてはさすがに価格設定が厳しかったみたい。P席、LA席、RA席はほぼ埋まっていたけれど、自席の真ん前のLC席あたりはほとんど空席だったよう。

 


イタリアオペラは生来、嗜好の合わないところがあり、お二人の歌唱についてはブログに記すほどの感想も持ちえないけど、オーケストラ演奏は日頃新国立歌劇場のピットに入って演奏しているオケらしく伴奏が実にうまい。日頃聴いている在阪オケなどには絶対にむりだろうなあ、と思いなら聴いていた。

 


休憩を挟んで、後半のマーラーの第1交響曲では18型4管のフル編成(終楽章コーダのエクストラのトランペットとトロンボーン各1本もホルンの後ろに乗っている。チョン・ミョンフンさんは奇をてらった特異なテンポ設定やリズムの変化をさせることもなく、またオケもほとんどミスのない演奏で、とにかくフルオーケストラのサウンドを十分に楽しんだのだけれど、どうやらかつて20代に熱中したこの曲に、もはや心躍らす年齢ではなくなってしまったようだ。

 


終演後は、一度全員がステージを降りたあとも続く熱心な拍手とブラボーを受けて、チョン・ミョンフンさんがオケメンバー全員!を再度ステージに呼び出して、全員で一礼してやっとで御開きとなった。


チョン_東京フィル




大阪フィル 第492回定期


20151014日 大阪フィルハーモニー交響楽団 第492回定期 2日目

 


フェスティバルホール

2階中央ブロック 4列目

 


小林研一郎:四季への憧憬(パッサカリアより)

モーツアルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K219 「トルコ風」

シベリウス:交響曲第2

 


指揮:小林 研一郎

ヴァイオリン:南紫音

 


今夜のシベリウスの第2番は本当に素晴らしかった。小林研一郎さんの昨夜(初日)と全く同じ音楽表現の要求に対して、今夜はオーケストラのメンバー全員が昨日以上に真剣に応えていたからこその演奏だったように思う。昨日の感想で“陶酔には程遠い”とつい述べてしまったブラスセクションも今夜は、大健闘。どこかにもっていかれるような“陶酔感”にはまだまだのレベルだけど、間違いなく全員、昨日以上に集中して演奏していたはず。

 


週末は大阪にいないことを理由にずっと第一日目の定期会員を続けているけれど、毎度のように二日目の演奏が優れているのは、可能な限りで二日続けて聴きに来る私にしてみれば、好意的に言えば音楽の一期一会を楽しんでいるのだけれど、プロフェショナルとしてはいささか困ったものです。

ヴァイオリン協奏曲の後のアンコールは今夜も無し。


20151013日 大阪フィルハーモニー交響楽団 第492回定期 1日目

 


フェスティバルホール

1階中央ブロック 中央 定期会員席

 


小林研一郎:四季への憧憬(パッサカリアより)

モーツアルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K219 「トルコ風」

シベリウス:交響曲第2

 


指揮:小林 研一郎

ヴァイオリン:南紫音

 


指揮者によってはシンフォニーホールで聴いていると、上手からベースとチェロがズンズン効かせる一方で下手ではヴァイオリンが金切声をあげるように強奏し、大きな音はするけど聴いて疲れる音楽になりがちだったけど、先週のマチネ・シンフォニーの感想ですでに記した通り、井野邉大輔さんのトップ加入とともにヴィオラ・パートが充実したことで弦楽合奏全体も重厚でバランスの良い響きになるとは、ほんとに面白くも不思議なもの。パンフレットの紹介をみると井野邉大輔さんは客演ヴィオラ・トップとして就任とのこと。一定期会員として今後、少なくともすべての定期演奏会ではステージに乗っていただきたいと切に願います。

 


開始のチューニングが終わり拍手と共に登場した小林研一郎さんが、指揮台に上がったとたん客先を振り向き 井上道義さんから「なにか自作の曲を演奏してよ」とリクエストされた”と選曲の経緯にふれたあと、簡単な曲の解説を始めたのには思わず失笑してしまった。正直なところ指揮者の自作自演はバーター(セーゲルスタム)のような印象があり、大変失礼なことながら一曲目は全く興味も期待もしていなかったけれど、実際に曲を聴くと演奏の見事さもあり、今夜のように抜粋ではなく “全曲を通して聴かれるべき作品” だと認識し直した。

 


大阪フィルのブログによると、南紫音さんは先週「第9回ハノーファー国際ヴァイオリンコンクール」で第2位に入賞されたばかりで、今夜のモーツアルトの5番協奏曲はセミファイナルで演奏された曲なのだそう。一音一音が丁寧で、どのフレーズも考え抜かれた素晴らしい演奏でした。演奏後拍手が続いたけど、残念ながらアンコールは無し。

 


ところで小林研一郎さんはいつもながらオーケストラにとって、とても合わせやすい棒を振るのが客席から見ていてよく解る。時に 定期初日はゲネプロと揶揄される大阪フィルだけど、特に今夜のシベリウスの第2楽章や終楽章などはなかなかの聴きごたえ。ただし、ブラスセクションのユニゾンはまだまだいつもの大阪フィルのままで 陶酔には程遠い。


2015107日 大阪フィルハーモニー交響楽団 マチネ・シンフォニー Vol.14


ザ・シンフォニーホール

2階左ブロック 1列目


ベートーベン :エグモント序曲

モーツアルト :ピアノ協奏曲第19番 K459

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

アンコール バッハ:ゴールドベルク変奏曲 アリア (ピーター・ゼルキン)

                            グリーグ:ペールギュント第1組曲「朝」


指揮 :井上道義

ピアノ:ピーター・ゼルキン

コンサートマスター: 文洙


ここ数年で大阪フィルは少しずつであるが着実に良い方向に進んでいるように思う。古参が去り、実力のある奏者が入団するというプロフェショナルな組織に本来あるべき新陳代謝が着実に進んでいるように感じる。今日のトピックはヴィオラセクション。今月からトップとして加入した井野邉大輔さん率いるヴィオラパートが明らかに以前と変わって充実した演奏で、弦楽全体を厚みのある響きに変えていた。いつも弦をなぜているだけにしか見えない古参が後ろに下がっていたのは今日だけなのか、それとも変化の一過程なのか今後に注目したい。


井上道義さんもまた、「エグモント序曲」冒頭から終始、弦楽をマッシブに鳴らす。前半は2nd Vnが上手に位置した対向配置だったこともあり2階席最前列で聴いていると強奏された弦が大きな塊となって向かってくるよう。思うに井上さんはこの演奏スタイルで2曲目としてモーツアルトの、しかも比較的曲想の軽やかな19番ではなくベートーベンの3番のコンチェルトを予定通り演奏したかったのではないかな。


40年ほど前、レコード芸術のグラムフォンの広告をさかんに飾っていたのはルドルフ・ゼルキンで、当時盛んにプロモートされていたアンサンブル・タッシのメシアン「世の終わりのための四重奏曲」のLPよく似た名前のピアニストがいるなぁ、と思った記憶があるけど、まさか息子だったとはつい最近まで知らなかった。ピアノについては、タッチが云々といったことは皆目わからないけど、アンコールのアリアがグールドの81年盤なみに超スローテンポで驚いた。


 14

 


 


 


 


 


 







このページのトップヘ