2021123日  飯守泰次郎 関西フィルハーモニー ワーグナー特別演奏会 大阪国際フェスティバルホール2020

 

大阪ザ・シンフォニーホール

1K20

 

指揮                    :飯守泰次郎

メゾソプラノ           :池田香織

バリトン               :ミヒャエル・クプファー=ラデツキー

関西フィルハーモニー

 

歌劇『タンホイザー』から

  序曲

  歌の殿堂のアリア

  夕星の歌

楽劇『トリスタンとイゾルデ』から

  前奏曲と愛の死

楽劇『ワルキューレ』から

  ワルキューレの騎行

  ヴォータンの別れと魔の炎の音楽

楽劇『神々の黄昏』から

  ジークフリートの葬送行進曲

  ブリュンヒルデの自己犠牲

 

勿論、昨年5月予定の指輪ハイライトではない。ペトラ・ラングのブリュンヒルデを再び聴きたかった(2017年新国『黄昏』での存在感は素晴らしかった)ミカエル・ヴェイニウスのヘルデンテノールとしての実力の程を確かめたかった。そして、フェスティバルホールの巨大ステージにならんだワーグナー指定通りの巨大編成のオーケストによるワーグナーの響きに浸りたかった … などなど、あれやこれや言い出したらほんとキリがない。

 

今この時期に、しかも東京でなく大阪で本格的なワーグナーが聴けることに感謝しなければならない。デュトワが振った一昨年の大阪フェスティバルでサロメを歌ったリカルダ・メルベート(ペトラ・ラングに変わってブッキング)は来れなかったけど、ミヒャエル・クプファー=ラデツキーが来てくれた。もし彼も来られなくなっていたら、日本人のみの公演となって一気にテンション落ちていた。

 

今日、日本でワーグナー作品を最も熟知している飯守泰次郎の指揮が素晴らしい。やはりコンサートピースとして聴くときはあれくらいのゆったりテンポでワーグナー音楽を堪能したい。関西フィルもよくついていった。日ごろから聴いているオケだけに、良くぞ…と言いたい(なんて、怒られるかな)。メゾソプラノの池田香織にエリザベートのアリア?と思わないでもないけど、まあそんなことどうでも良い。

 

それにしても、5時間に及ぶオペラの前奏曲と終曲部分のみを連続して演奏しても、音楽的破綻がまったくなく一つの作品として聴けるなんて、ワーグナーの偉大さを、改めて実感。

 

本来なら日本中のワーグナーファンが駆けつけていたはず。空席が目立ったのは誠に残念だったけど、チケットを買いながら来阪をあきらめたワグネリアンの気持ちものせて、会場全員、精一杯の拍手を送りましたよ。ブラボーと叫べないのがじつにもどかしい。

 

 
20210123_わーぐな



今年の公演のチラシ。

ソプラノ:リカルダ・メルベート
20210123_飯守泰次郎_関西フィル


こちらは、中止された昨年5月公演のチラシ
ソプラノ:ペトラ・ラング
テノール:ミカエル・ヴェイニウス
20200530_関西フィル_指輪