202119日 尾高忠明 大阪フィルハーモニー 新春名曲コンサート  

 

フェスティバルホール

3361

 

指揮                    :   尾高 忠明

 

J・シュトラウスⅡ      :喜歌劇『こうもり』序曲

J・シュトラウスⅡ      :ポルカ『観光列車』

ヨゼフ・シュトラウス    :ワルツ『天体の音楽』

J・シュトラウスⅡ      :アンネン・ポルカ

J・シュトラウスⅡ      :常動曲

J・シュトラウスⅡ      :皇帝円舞曲

〜 休憩 〜

エルガー               :威風堂々 第4

エルガー               :威風堂々 第1

マスネ                 :タイスの瞑想曲

ラヴェル               :ボレロ

 

あれれ~、年を跨いで7つも書き溜め。小菅優ピアノリサイタル、大フィル_チャイセレⅢ、大フィル_新春名曲、日本センチュリー_豊中名曲、石田泰尚ヴァイオリンリサイタル、日本センチュリー252定期を順次、Evernoteのメモを見ながら備忘禄として・・・

 

前プロのウィンナワルツ・ポルカは曲選定、そして演奏順がとても良いし、演奏もセカセカせず節度を保った演奏。こうした曲を振ると尾高忠明の品格を感じさせる。(後に聴いた某オケの、定期でありながらウィーンのニューイヤーコンサートを猿真似するような、おもねりは一切なし)。エルガー2曲は、指揮者お手の物だし、最後のボレロまで、安定の演奏。尾高忠明の振る大阪フィルはいつも楽しめる。

 

‶常動曲”懐かしいですね。例のところで『オ~ケストラがやって来た~♪』って、思わず口ずさんでしまう。

 
20210109_大阪フィル新春