20201125日 小菅優 ピアノリサイタル コンサートシリーズ『Four Elements』第4弾 いずみホール

 

いずみホール

1階E8

 

ベートーベン            :バレエ『森の乙女』のロシア舞曲に主題による変奏曲    

シューベルト           :幻想曲 ハ長調D760 『さすらい人』

ヤナーチェク           :ピアノソナタ『1905101日・街頭にて』

藤倉大                 AKIKO's Diary

ショパン               :ピアノソナタ 第3番ロ短調 op58

 ――アンコール  ショパン:ノクターン第5番 嬰へ長調

 

あれれ~、年を跨いで7つも書き溜め。小菅優ピアノリサイタル、大フィル_チャイセレⅢ、大フィル_新春名曲、日本センチュリー_豊中名曲、石田泰尚ヴァイオリンリサイタル、日本センチュリー252定期を順次、Evernoteのメモを見ながら備忘禄として・・・

 

小菅優のピアノ演奏、これまでオーケストラとのコンチェルト演奏ばかりで、今回が初めてのソロリサイタル。最初のベートーベン開始早々から、正確で緻密、みずみずしさすら感じるタッチに魅了される。壮大で、まるでオーケストラを聴いているかのようにシンフォニックでいろいろな音色が聴こえてきそうなシューベルトのさすらい人幻想曲、そして圧巻のショパンのロ短調ソナタ。もう小菅優の魅力に完全に虜になってしまった。近年聴いた日本人プロピアニストの演奏の記憶が一気に色褪せてしまう。たとえ遠方に足を運んででもリサイタルを聴いてみたい、そう心底から思ったピアニスト。


20201125_小菅優