2020717日 関西フィルハーモニー管弦楽団 第312回定期 

ザ・シンフォニーホール

3LLD1

 

指揮                    : 藤岡 幸夫

ヴァイオリン           : 岩谷 祐之 

 

チャイコフスキー       : 弦楽セレナーデ

シベリウス             : ヴァイオリン協奏曲

 

当初予定の貴志康一の交響曲が取りやめ(開演前のプレトークで、‟いつか必ずやります”と指揮者の藤岡幸夫が語ったので、期間未定の順延…ですね)になり、シベリウスの‟レンミンカイネンの帰郷”がチャイコフスキーの弦楽セレナーデに差し替え。弦楽セレナーデの後に20分間休憩を置いて、シベリウスのヴァイオリン協奏曲をメイン扱いとしたフルコンサート。終演は840分。

 

ゲンダイオンガク作品は“お金を払って聴きたいと思わない”というか、まったく興味の対象外ながら、いつもの廉価席ならば…ということでコロナ禍の前にWEBサイトを通じて買っていたチケット。オーケストラ事務局から曲目変更の知らせとともに ‟来ていただけるなら、座席変更したチケットを郵送する”旨の丁寧な電話をいただいたことで、先週の日本センチュリーの時のように、曲目変更も知らずに会場入りするといったドジなことは無し。

 

10 + 8 + 6 + 6 + 4で演奏された弦楽セレナーデが、胸を熱くするような演奏。3ヵ月あまり生演奏ご無沙汰だったことによる新鮮さもあったかもしれないけど、ステージ真横の3階バルコニーで聴いていると、この編成でよくぞ!と唸ってしまうほどの音圧とともに、熱気に満ちた音楽が眼下のステージから湧き上がってくるようで、なんだか胸が熱くなった。なお、休憩の後のコンチェルトは開始早々に完全寝落ち。さすがにこの数日の寝不足がきいた。

 

《閑話休題》

前日になんばバークスシネマで、メットライブビューイングのゲルギエフ指揮『さまよえるオランダ人』を鑑賞。本来の収録予定日公演がキャンセルになったため、数日前の公演を収録したものらしく、いつものメットライブビューイングのクオリティではない。演奏内容はあえて横においても、全体に引きで撮った画像が多いし(特に第2幕)、PAの音もFM放送クオリティ。ただし、これはいつものエグゼクティブシートのシアターでなかったからかも。

 

ライブビューイングお馴染みの歌手のインタビューシーンも無し。本来だったら藤村美穂子が、インタビュー最後に『日本でご覧の皆さ~ん・・・』って日本語での呼びかけがきけただろうのに、残念。

 
20200717_関西フィル_312_1

20200717_関西フィル_312

20200718_メット_さまよえるオランダ人