2020126日 関西シティー・フィルハーモニー交響楽団 第68回定期演奏会 

 

ザ・シンフォニーホール

1階J列目12

 

指揮: ギオルギ・バブアゼ

関西シティ・フィルハーモニー管弦楽団

 

ワーグナー             :歌劇『リエンツィ』序曲

エルガー               :エニグマ変奏曲

ブラームス             :交響曲第3

  ――   アンコール      ブラームス :セレナード第1番よりメヌエット

                               ブラームス :ハンガリー舞曲第21

 

一年前2月の、ラスボスめがけて全員が一心不乱に立ち向かっていくかのような“レニングラード交響曲”の熱演で大いに楽しませてくれた関西シティー・フィルハーモニー管弦楽団の今回の定期演目は、オケの実力がダイレクトに問われる作品ばかり。ブラームスをブラームらしく聴かせることは、なかなかに難しいもののようだ。

20200126_関西シティフィル

20200126_関西シティフィル_ 1