ブログ5年目を迎えて

 

拙ブログ “あーと屋のほぼ大阪クラシック演奏会気まま日誌” にお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

 

還暦まであと半年ほど、そろそろ定年退職日まで〇〇日とカウントダウンが始まります。たぶん今の勤め先と継続雇用契約を結んで、平日は大阪、週末は自宅(中国地方の某都市)に戻る、といった出稼ぎモードを今後も続けることになりそうです。とはいえ、もともと、いつ “明日から来なくていいよ” と言われても、と覚悟の外資勤めなので “ぼぼ大阪・・・”  とタイトルしたこのブログをいつまで続けられるか皆目わからないのですが…。とにかく、聴いた演奏会の記録を欠かすことなく4年間も続けられたこと、まずは めでたしめでたし。

 

この一年、件のクラシック音楽バーを通じての素晴らしきクラオタの方々との出会いが人生の宝物となっております。つながりの起点となったヒロノミンさん、そして愛すべきバーの店長サタケさんに改めて感謝!それにしても、お酒とクラシック音楽、そしてクラオタの相乗効果は素晴らしい。

 

拙ブログは、音楽コマーシャルの中でドマイナーなクラシック音楽の、しかも文化発信の中心である首都東京をメインとするわけでもなく、さらには一介の勤め人である私が実際に聞いた演奏会を記録としてブログにアップする(つまり、演奏会を聴きにいかない限り更新されない)という、マイナー要素を3乗したようなもの。それでも、こうしてご訪問いただける方がいらっしゃることが励みとなっております。

 

毎回、“ブログ〇年を迎えて…” に書いておりますが、改めて私なりの決め事をお伝えさせていただきます。(な~んて、つまりは1年前、2年前のコピペです)

 

  • 演奏会は、プロ・アマ、ジャンルを問わず、ブログ対象とすること。

ただし実際に接した演奏会の記録に限定して、たとえばCDDVDBlu-ray等メディアの感想や、音楽に関係した諸事・意見は極力記さない。

 

  • 演奏者ならびに曲目の紹介・説明は記さない。

このIT社会、どんなに珍しい作品であってもその気になればインターネットを通じて誰でも入手できる。まして演奏者のプロフィールなら、ググればいつでも手に入る。

 

  • ホールのどのあたりで聴いたか、席位置についても可能な範囲で記録する。

以前、日本経済新聞日曜版にサントリーホール設計者、永田音響設計 豊田泰久氏の言葉 『ベストの席はありません、すばらしい席はあります。どんなレパートリーが、誰によって演奏されるか。さらには耳を傾ける人の好みが反映されて、その時々に最上の席が生まれる』が紹介されていました。まったくの同感です。私にとって、どの席でその演奏を聴いたのかを記録しておくことは、大変意味のあることです。

 

  • 作曲者・演奏者の名前は省略しないで記す。

ショスタコーヴィチなど、さすがに言いづらいので、会話で “ショスタコ” と略すのは致し方なしとして、ブルックナーを “ブル”、ドヴォルザークを “ドボ” となると、さすがに度が過ぎるというか、学生オケのメンバーが仲間内でクラオタ談義をしているみたいで、どうにも好きにはなれない。世間一般の感覚からみると、そもそもクラオタの会話なんてスノッブ臭プンプンだろうし、ましてや電車の中で『マラ6が好きで』なんて会話を耳にしたら、普通の人なら変態オヤジのエロ話と勘違いされそう。文学ファンが太宰治を “ダザイ” と言うことはあれ、ドストエフスキーを“ドスト” などと言わないだろうし、美大の学生がミケランジェロを “ミケラ” などと言ったりはしないでしょう(きっと)。

 

これからも “気まま” にブログを続けていきたいと思います。今後とも、“あーと屋のほぼ大阪クラシック気まま日誌” を、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

あーと屋

 
20190826 ブログ5年目を向かえて