2019627日 福井敬 スペシャルリサイタル ザ・フェニックスホール

 

ザ・フェニックスホール

1階A6

 

福井 敬

 

 =スペシャルゲスト

清水華澄  メゾ・ソプラノ

高橋宏奈  ソプラノ

 

谷池重紬子 ピアノ

 

1

セレナーデ      福井敬          リヒャルト・シュトラウス      

愛を抱いて       福井敬            ≎同上≎

万霊節                清水華澄          ≎同上≎

献呈                  清水華澄          ≎同上≎

 

ほおずき              福井敬          三善晃/荻原                   

悲しくなったときは    福井敬          大中恩/寺山修司

悲しくなったときは  清水華澄        中田喜直/寺山修司

歌をください      清水華澄        中田喜直/渡辺達生

 

2 

ビゼー 歌劇『カルメン』より  

 

1

ハバネラ〝恋は野の鳥”         清水華澄(カルメン)

母の便りを                     高橋宏奈(ミカエラ)、福井敬(ドン・ホセ)

行きましょうセギディーリャへ   清水華澄、福井敬

2

酒場で~〝花の歌”             清水華澄、福井敬

3

何を恐れることがありましょう   高橋宏奈

4

闘牛場の前で                   清水華澄、福井敬

 

 ――アンコール 

                からまつ        福井敬

                乾杯の歌        福井敬、清水華澄、高橋宏奈

 

福井敬氏承認の非営利ファンサイト 福井敬. net主催のスペシャル・リサイタル。第5回目の今回は日本を代表するメゾ・ソプラノ清水華澄さんと若手ソプラノ高橋宏奈さんを呼んで、前半にリート、後半にカルメン抜粋という贅沢なプログラム。この団体のお世話役のお1人で日ごろお世話になっている知人ご厚意で、なんと最前列かぶりつきの席で聴かせていただいた。

 

前半リートでの細やかな息づかいと技巧の何たるすばらしさ。特に日本語の歌を聴くと、言葉の一つひとつをいかに丁寧に扱っているかがはっきりと感じ取れる。寺山修司の〝悲しくなったときは”を、二人の作曲家がそれぞれ歌にしたものを福井敬さんと清水華澄さんとで続けて歌うという、凝った選曲もすばらしい。

 

2部カルメン抜粋では、福井敬さんがデュトワ・大阪フィル〝サロメ”でヘロデを歌っていた、その同じ時間に東京での二期会〝サロメ”で清水華澄さんがヘロディアスを歌っていた、その二人が目の前で歌い演じるカルメンとドン・ホセをわずか1メートルほどの至近で観るという、これまたなんとも贅沢の極み。日本を代表するテノールとカルメンがはまり役のメゾ・ソプラノなのだから、魅せられないわけがない。それにしてもお二人とも何たる声量だこと。華麗なミカエラの高橋宏奈さんも加わり、とにかく魅力満載のリサイタルだった。

 

終演後、福井敬さん、清水華澄さん、高橋宏奈さんも参加してのオフ会で、楽しいひと時を過ごした。

 

福井敬_リサイタル_20190629