2019524日 大阪フィルハーモニー第528回定期演奏会 2日目

 

フェスティバルホール

11124

 

指揮            : シャルル・デュトワ

合唱            : 大阪フィルハーモニー合唱団

 

ベルリオーズ    :序曲『ローマの謝肉祭』作品9

ラベル          :バレエ音楽『ダフニスとクロエ』第2組曲

ベルリオーズ    :幻想交響曲

 

日本ではNHK交響楽団しか指揮をしてこなかったシャルル・デュトワ故に、その演奏を聴く機会など地方在住者にとっては非常に限られていた。どうにか5年ほど前にN響定期でマーラーの3番を聴いたことがあっただけ。場所がNHKホールだったので、演奏に対してはほとんど印象に残らないまま。後日、Eテレの録画放送を視聴して、実はとても素晴らしい演奏だったことを知った記憶がある。ちなみにだけど、2017年2月に大フィル会館で行われたシンポジウム『世界における我が国オーケストラのポジション』で、日本人パネラーとして参加した音楽評論家が『NHKホールは、席で聴くライブはひどいけど、放送用に収録された音は実に素晴らしいんですよ』と語るのを聞いて、なんだかとても遣る瀬無い複雑な感情を抱いたことが忘れられない。

※ 追記
ブログ検索してみたら、一昨年の12月にN響のサントリーホール定期(B定期)でもデュトアの指揮を聴いていた。

 

おっと、のっけから脱線モードだけど、要するに大阪フィルの5月定期2公演に続き(図らずしも…だけど)再来週のサロメと、デュトアの指揮をフェスティバル・ホールで聴けるとは、なんと貴重な機会だろう。3階席を含めて完売するなんて、きっと大阪フィルがフェスに定期を移してから初めてのことじゃないだろうか。東京を中心に遠方から聴きに来た方もかなりいたようで、休憩中のフォワイエはちょっとした祝祭的雰囲気すら漂っていた。実際、終演後の件のクラシック音楽バーには、知り合いの常連のSNSを通じて東京や九州から集まった弩級クラオタが詰めかけて(私もチャッカリその輪に加わり)〝デュトア復活万歳"と祝杯をあげたほど。

 

座った席位置の違い(初日の1階ボックス席すぐ後ろの定期会員席に対して、2日目はステージから6列目)もあって、初日のほうが〝ローマの謝肉祭”でのまとまりの良い華やかさや〝ダフニスとクロエ”での陰影の微妙な変化をよく感じることができたことで、結果として演奏に深い感興を覚えた。一方で幻想交響曲では、明らかに2日目のほうが細部で演奏のクオリティーが高かった。終楽章を〝大フィルの野武士的個性”と表現した初日の演奏も、2日目はより豪快ながらも全体の均整を崩さない、とても凄みのある演奏だった。各奏者の集中と熱気もすさまじく、魔女のロンドからは興奮しきりだった。結構醒めて聞いてしまう幻想交響曲で、今日のように興奮したのは初めてかもしれない。

 

 大阪フィル_528 回定期