2019125日 日本センチュリー交響楽団 いずみ定期第40

 

いずみホール

1階 定期会員席

 

ハイドン       : 交響曲第12番 ホ長調

ハイドン       : 交響曲第65番 イ長調

野村 誠       : ボーコン ヴァイオリンとポータブル打楽器のための協奏曲

ハイドン       : 交響曲第94番 ト長調『驚愕』

 

指揮               飯森 範親

 

過去2回のいずみ定期を都合がつかず聴き逃したので、半年間のホール閉館期間もあって、実に一昨年12月の第37回以来のハイドンマラソン。常々思うけど、このイベント企画、ハイドン・シンフォニーだけをたっぷり2時間聴いていたい。ヴァイオリンと打楽器3名による後半最初の小品、たしかに面白かったですよ。でも、”ハイドン連続演奏会”の一夜に入れ込むのはどうでしょう? 別のもう少しライトな企画もので、といった捻くれた気持ちがほんの少々。ハイドン聴きたさにいずみ定期会員になったのだから、どうぞ関係者の皆様“そういった意見もあり”ということでご容赦を。

 

それにしても、久方に聞く日本センチュリーのハイ・クオリティーなハイドンを楽しみしていたのに、前半2曲はなんとも残念な仕上がり。ゲスト・コンサートマスターとトップサイドの息が合わず1stVn全体に一体感が失われ、向かい合った2nd Vnとのバランスもチグハグに。“ポーコン”でソロを弾いた松浦奈々にチェンジしてから終曲『驚愕』で本来のセンチュリー・クオリティーを取り戻した。

 

日本センチュリー いずみ定期_20190125