2018727日 大阪フィルハーモニー第520回定期演奏会 2日目

 

フェスティバルホール

2R 52

 

指揮            : 大植 英次

ピアノ          : イェウン・チェ

女声合唱        : 大阪フィルハーモニー合唱団

 

ヴィヴァルディ  :ヴァイオリン協奏曲集『和声と創造への試み』作品81-4“四季”

ホルスト        :組曲『惑星』作品32

 

『惑星』全曲の実演初体験。2012年に井上道義が大阪フィルとザ・シンフォニーホールで、ヨハン・シュトラウスの“天体の音楽”を前プロにおいてマチネーシンフォニーVol.7で演奏した際は、残念ながら聞き逃している。--平日午後2時からのコンサートなので、普通に仕事しているサラリーマンには無理ですね。それにしても、平日午後に『惑星』全曲演奏するなんて、今になって思うとかなりぶっ飛んでる。

 

“ぶっ飛んでる”といえば、演奏の開始にあたって奏者が全員起立した際に、最後列右端の打楽器奏者がマレットを手に持っていたので “??” と思って注視していると、“火星” 冒頭、タムタムを弦のコルレーニョと共に例の5拍子のリズムでたたき続けたのには、びっくりしてしまった。不気味な響きを求めるにしても、まさかタムタムも一緒にリズムを刻ませるとは!--手持ちのスコアではタムタムでなくゴング、ましてリズム刻みも無いけど、大植英次の指定?-- 特にステージ全体を近距離で俯瞰できる2日目は、そんなこんなの発見の連続で、楽しくてしょうがなかった。

 

ホルスト生誕の地チェルトナムには、以前の勤務先の英国子会社があったことで、幾度か訪問したことがある。私のなかではホルストの作曲家としてのイメージがチェルトナム、そして近郊コッツウォルズ地方の豊かな自然とシンクロしていていた。『惑星』が作曲された当時とても前衛的であり、さらにその作品の魅力が今に至っても全く色あせていないことは承知のことにしても、こうして『惑星』実演に接するとオーケストレーションの妙や、さまざまな仕掛けがとても刺激的で、“素朴な旋律が魅力の佳作を残した英国田舎の作曲家”との(どうやら誤った)認識は完全に書き換えられてしまった。

 

昨日は多少の雑さが散見された “火星” 、そして “土星” “天王星” も、今日はまったく気にならなかった。恐らく2日目に際して修正されてきたのだろうけど、なにより初日の定期会員席が1階席中央ボックス席の直ぐ後ろで、ステージからの直接音が中心に聞こえてくるのに対し、今日は2階右側バルコニー席でホール・トーンも十分で、アラが目立たない、といったこともあったのかもしれない。大植英次は、いつもの通り定期初日での“ここまでなら・・・どう?” と手探りだった表現が、2日目になると指揮台の上で踊ってみたり、指揮棒を振り回したりのパフォーマンスとともに、演奏も粘ったり煽ったりの “大植節” 全開でオーケストラを振り回すことしきり。結果、“木星” などは初日以上にツボにはまった快演。

                

チェンバロの弾き振りの“四季”もソリストを無理やり従わせた感のあるアンサンブルで、率直なところ “春” や “秋” は、いささかその“大植節”が鼻につかないでもない一方で、“夏” と “冬” はアンサンブルのキレもよく、またその対比としての夏の “気だるさ” など、酷暑に聴くにはピッタリだったかもしれない。(昨日のブログでも記した通り)。

 
大阪フィル_520回定期